メニュー

美容News

脱毛後のホームケアって何?

皆様。

こんにちは。脱毛ラボ 脱毛士の服部です。

私からは脱毛後のホームケアについてのお話をさせて頂きます。

まず、

【脱毛後のホームケアって何?自己処理が面倒だからプロにお任せしたいのに・・・。

自分でも何かやらなければいけないの?】

 

 113.JPG

 

 

と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

実は、脱毛後のお肌は皆様が思っていらっしゃるよりもずーとデリケートな状態になっているんですよ。

今から理由をご説明いたします。

 

私たちのお肌の上には常在菌といって常に外からくる悪さをする細菌からお肌を守ってくれているありがたい菌が存在しているのです。

パトロール隊みたいなものです。

 

ちなみにこのときの肌の状態は弱酸性。悪さをする菌が最も繁殖しにくい状態なんです。

しかし、脱毛することによって1次的ではありますが、肌がアルカリ性に傾きます。

 

そうなるとどうなるか?

 

細菌が繁殖しやすい状態。

かなり無防備な状態になってしまうんです。

パトロール隊の常在菌の数も減ってしまうということです。

 

なんと恐ろしい。

 

だからこそ!

なにもしないわけにはいかないのです。

脱毛後はいち早くもとの弱酸性のお肌に戻す必要があるのです。

 

じゃあ。なにをすれば良いかって?

 

簡単です。

 

皆さんもすでにやっていらっしゃる。

保湿をすることなんです。

 

水分をたっぷり入れて、蒸発しないように油分で蓋をするのです。

 

よく、化粧水だけで保湿したつもりになってしまっている方が非常に多いのでが、まったく足りていないのですよ。

 

想像してみていただきたいのですが、

 

鍋に水を張り沸騰させた時。

蓋をつけずにそのまま沸騰させるのと、蓋をして沸騰させるのとでは鍋の中の水の減り方が違いますよね?

 

この鍋の中の水というのが化粧水やもともと肌の中にある水分。

そして、鍋の蓋がクリームというわけです。

 

ですので、逆に水を入れずに蓋だけをしても水分不足になってしまうのです。

 

水分と油分が両方混ざりあうことで初めて保湿され、肌本来の弱酸性へとなっていくわけです。

 

 

とは言っても、

最近は寒い日が続き空気が乾燥していますよね。

 

肌に塗る外側のケアだけでは追いついていない方も多いのが現状です。

 

そこで!

 

外と内のダブルでのケアをお勧めいたします。

内側のケアとは・・・。

 

食べ物で肌を潤してしまいましょう。ということです。

 

その食べものとは・・・。

ズバリ・・・。

ビタミンAという栄養素を含んだものです。

 

ビタミンAは肌や粘膜の新陳代謝を正常にしてくれ、

バリア機能を正常にしてくれる働きがあるのです

 

さらに、アンチエイジング効果まで期待できるのです。

女性にとっては欠かせない栄養素ですよね。

 

 

では、具体的にはなにを食べればよいの?

 

レバー・あなご・あゆ・ぎんだら・すじこ・うなぎ・フォアグラなどなど。

 

なんだか普段は口にしにくい食べ物ばかりがあがりましたが、

 

卵黄・緑黄色野菜などもビタミンAが含まれています。

これなら普段から口にしやすいですよね。

 

 

また、初めのうちはビタミンAではないですが、体内に入ることでビタミンAに変わるものもあります。

 

それが、

 

β―カロチン

誰もが1度は聞いたことがあるくらい有名な栄養素ですよね。

 

β―カロテンを含んだ食材とは・・・。

 

 

のり類・ぱせり・唐辛子・しそ・モロヘイヤ・わかめ・にんじん・にら・あんず・かぼちゃ・

ほうれん草など。

 

これらを食べる事で

お肌の生まれ変わりを正常にできるというわけです。


外側からのケアと内側からのケア。

ぜひ、両方試して頂き、毛が無くなったあとのお肌をいつまでも美しい状態で保ちたいものですね。

 

 

次回は、金子先生による、脱毛の歴史をお届けいたします。

 

お楽しみに。