メニュー

美容News

「なんとかならない?!デリケートゾーンの気になる におい」

皆さん、こんにちは。

脱毛ラボ 脱毛士の佐藤です。

 

これまでいくつかデリケートゾーンのお悩みについて触れてきましたが、

今回は、「におい」の原因についてお伝えしていきたいと思います!

 

とても声に出しては言えないけど、

「あれ?!私ってなんか臭い?」

なんて、ふと、気になる瞬間てありますよね。

 

生理中や、遅くまで仕事をしていて疲れたなぁなんて思っているときなどなど...

周りの人に気付かれてないかな...と思っても、直接聞くわけにはいきませんから、余計不安になっちゃうんですよね。

 

そんなにおいの原因ですが、それはずばり雑菌です。

 

正確にいうと、雑菌が栄養分を食べて繁殖するときに出される排泄物なんです。

雑菌の餌になるものは、アカ、汗、尿、おりものや経血など、

デリケートゾーン周辺に存在しているものほぼすべてが、においの原因になってしまうのです。

 

 20160309.png

 

さらに、デリケートゾーンには、アポクリン汗腺という汗の出口がありますが、

ここから出る汗には皮脂やアンモニアなどの雑菌の大好物が豊富に含まれています。

 

アポクリン汗腺は、太くてしっかりとした毛の生えているところに多く分布していて、汗臭さの原因にもなってます。

 

他にアポクリン汗腺が多く分布している箇所のひとつにあげられるのはワキです。

ワキもデリケートゾーンと同様に、非常ににおいが気になるところですよね。

 

ただ、デリケートゾーンはワキよりもさらに、雑菌が繁殖するのに絶好の条件があるのですが、

それが高温、多湿という点です。

 

デリケートゾーンは常に太いもじゃもじゃの毛やショーツで覆われ、密封されています

さらに体温で高温が維持され、汗や経血で多湿な環境ができてしまうんです。

 

このにおいを軽減させるためには、デリケートゾーンを清潔に保つことが一番重要です。

 

そのために、こまめなケアを心がけましょう。

お風呂に入ったときの、デリケートゾーンの洗い方も気をつけたいものです。

 

よくキレイに洗おうと思うと、ちょっと強めにゴシゴシ洗ってしまいがちですが、これはNGです!

強くこすってしまうと、摩擦で肌の負担になってしまいます。

ただ、デリケートゾーンの凹凸には汚れがたまりやすく、シャワーで流したくらいでは、落ちません。

石鹸をたっぷり泡立てて、なでるように優しく丁寧に洗いましょう

 

あとは、下着もなるべく通気性の良いものを選びましょう。

生理中や、おりもの用のナプキンも、それほど汚れていなくても、こまめに取り換えた方が良いですね。

同じナプキンを長時間つけていると、雑菌がどんどん増えていってしまうのです。

 

 

 

そして、そのデリケートゾーンの環境をより良くするのが...

 

もうお分かりですね!

デリケートゾーンの脱毛です!

脱毛をすることは、デリケートゾーンのにおいの軽減にも一役かっているのです。

特にナプキンと直接接するIラインは、経血や汚れがアンダーヘアに巻き付いて残りやすいので、脱毛効果は絶大です!

お風呂に入って体を流す際も、各段に汚れが落ちやすくなりますよ。

 

ただし、脱毛でアンダーヘアがなくなったからと言って、においが100%なくなるわけではありません。

 

このにおいは病気の可能性という場合もありますので、においがいつもよりもキツく感じる、

おりものの状態がいつもと違うように感じたら、病院に相談してみることをおすすめします。

 

皆さまもVIO脱毛で、快適な毎日を楽しんでくださいね!