メニュー

お客さまとのエピソード

コミュニケーションから生まれるお客さまとの信頼関係

そのお客さまは、弾けるような笑顔が印象的な10代の学生さんでした。
毛深いと悩まれ、お母さまの提案でお見えになりました。
「今の脱毛は痛くないんですね」とお母さまは、過去に途中で止めた経験があられたようで、その点を非常に気にされていたご様子でした。
そんな心配があってか、当初は順調にお手入れにお通いいただいていましたが「効果が目で見て分かりにくい」と、ある日突然解約のご連絡があったのです。
抜けやすい箇所と抜けにくい箇所があることを改めてご説明をさせていただき、全身18回のお手入れが終わりに近づくころには、自己処理で荒れ気味だったお肌もきれいになり、いろいろなファッションをされるようになったとのことです。

お手入れの過程で、お客さまがファッションに大変ご興味をお持ちだったため、30代のスタッフである私なりに10代の方のファッションを勉強し、お客さまとお洋服のお話をたくさんしました。
「似合う色を教えてほしい」と言われた際には、信頼いただけるようになったんだとうれしく思いました。
お客さまのお肌のお色味と、夏という季節を鑑みターコイズブルーのお洋服をご提案しました。
はじめてお召になるお色だったそうですが、次のご来店の際にお友だちにほめられたとうれしそうに話してくださいました。
脱毛は「毛」を少なくするだけのお仕事ではないんだな、と身の引き締まる思いです。

(脱毛ラボ 梅田店)

  • Episode1
  • Episode2
  • Episode3
  • Episode4
  • Episode5