メニュー

blog_logo

こんにちは!!*脱毛ラボ市川店です*

 

今年もあっという間に6月に突入し、春から夏に近ずいてきました。

これからの時期は、保湿ケアーから紫外線対策の時期になります。


皆様は紫外線対策は出来ていますか?


1年中ケアはもう当たり前。

でも、やっぱり、夏の紫外線は「特別」です!!!

夏の紫外線量は冬の2倍といわれます。

また、日照時間の長さから冬には「ちょっとだから」と油断していたことでも、確実にダメージになります。

よくいわれるのは、洗濯干し、車の運転、そして、夕方。

どんなに朝バッチリ日焼け止めを塗っていても、夕方まで同じ効果は期待できません。

夏は一手間プラスのケアが大切です。

 

地上に届く紫外線にはUVAUVB2種類があります。

そのうち95%以上はUVAで、残りがUVB

UVAは肌の真皮の奥深くまで到達し、皮膚の腺維とその腺維組織を生成する細胞にダメージを与えます。

 

そのことで肌は弾力を失い、長い年月をかけてしわやたるみのもとになります。

量としてはわずかでもUVBは強力で、短時間で日焼けの原因となります。

肌表皮のメラノサイトが紫外線から肌を守るために活発化し、メラニンを増殖させてしみのもとを作ります。

また皮膚の免疫力を低下させることで様々なトラブルを招く要因にもなります。




用途別日焼け止めの選び方

いろいろあるからこそ、その特異性に着目。ちゃんと選んで、ちゃんとケア。

ちょっとそこまでにも、ビーチにも、同じ日焼け止めを使っていませんか?

 クリーム・乳液・スプレー・ジェル・シート、コスメに含まれるものも合わせたら、数え切れないタイプの日焼け止めがあります。

それぞれの利点を知って、シーンごとに使い分けるようにしましょう。

フェイス用、ボディ用といった用途での使い分け、できていますか?

 

顔は同じ皮膚でも体より敏感ですから、刺激の少ないものを使ってあげた方がよいですね。

ボディ用は汗くずれの心配もあり、広範囲ですから、のびともちがよいものを選びたいですね。

 

PF値の高いもの(40以上のもの)には紫外線吸収剤が含まれていることが多いようです。

紫外線吸収剤にも様々な種類がありますが、一般的に液状です。

また、SPF35以下のものには紫外線散乱剤が使われており、主に粉体(パウダー)で、肌の表面で受けた紫外線を乱反射させて散乱させます。
こちらは「ノンケミカル」と表示されます。


どんなに効果が高いものでも、塗りなおしが必要です。

SPF120分の紫外線ケアですので、例えばSPF30であれば600分になり、10時間の効果があると考えます

しかし、汗で流れてしまうとその効果は薄れますので、一日の中で1番紫外線の強い10:0014:00は塗り直しなど細かなケアが肝要です。



本当に効果のある紫外線対策グッズは?

ケアしていたはずなのに...日焼け!そんなミスをしないために。

日傘帽子で直射日光の95を遮ることができます。

しかし手や腕は露出していることが多いのでUV手袋などでのケアが大切です!

さらに直射日光でなくても壁や地面から紫外線は反射しますし、海や山では乱反射してどこから浴びるか分かりませんから、トータルでケアしてあげましょう。

 

忘れがちなアゴ下や首は地面からの反射を受けやすいため、紫外線ケアが大切です。

また、意外と日焼けする耳の紫外線ケアも大切です。

老化して発現するシミの一つに耳にできるシミのお悩みも多くあります。


また、サングラスは紫外線対策にはとても有効です。

目は日光を感じるとメラニンを生成するといわれています。

少し薄めの色のグラスを選ぶことをオススメします☆

有効な色は「赤」といわれていますので、赤味がかかったレンズならば、なお良いとされています。

 

万全にケアしていても、どうしても紫外線を浴びてしまった場合、そんなときは・・・・

しっかり肌を保水・保湿をしてあげることが何より大切です♪♪

肌は軽くやけどした状態ですから、まずはしっかりと保冷剤などで冷やしてあげて、たくさんうるおいを与えて下さい。紫外線対策をしっかり行い夏を楽しみましょう

 


夏に食べると美容に良いもの☆チョコレート☆

実はチョコレートには夏の美容を支えてくれる嬉しい栄養成分がギュッと詰まっています!


カカオ豆が原料のチョコレート。

かつては薬として珍重されていたことからも分かるように、ただ甘いだけの食べ物ではありません。

カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれます。

100g当たりの含有量で比較すると、カリウムはスイカの約4倍、カルシウムは小松菜の1.4倍、鉄はほうれん草の1.2もチョコレートには含まれているのです!


「でも、チョコレートって脂質や糖質が多いのでは?」と心配される方もいらっしゃるでしょう。

そこで、注目したいのがビタミンです。

チョコレートには代謝に関わるビタミンが含まれており、

中でも脂質や糖質の代謝に関わるビタミンB2が豊富なのです!


また、脂質ではオレイン酸が豊富。

オレイン酸はオリーブオイルに豊富な脂肪酸で有名ですね。

オレイン酸は血液中のLDL(悪玉)コレステロールを低下させる働きがあります。

食物繊維も豊富ですので相乗効果で便秘予防も期待できます。

その他にも、さまざまな栄養素が含まれている優れものなのです。


汗をかいたらチョコレート

汗をかくことで、汗と一緒に流れ出てしまうビタミンやミネラルがあります。

チョコレートに豊富な、カリウム、カルシウム、鉄、そして、ビタミンB群も汗で流れてしまう栄養素です

汗をかいたら、チョコレートでビタミンミネラルの補給をしましょう。

夏場は溶けやすいですので冷蔵庫で冷やせば、ひんやりとして、一段と美味しく感じます。


カカオポリフェノールで夏美人に

チョコレートと言えばカカオポリフェノール!

老化の一因となる活性酸素を除去する抗酸化作用に優れており、今やアンチエイジングに欠かせない成分となっていますが、チョコレートは他の食品に比べて、特に豊富に含まれているのですよ。

紫外線がピークとなる今の時期から積極的にとりたいですね。


その他にも様々な健康効果が期待されているチョコレート。

チョコレートの苦み成分のテオブロミンにはリラックス効果もあります。

糖は疲れた脳の栄養源にもなりますので、仕事の合間のブレイクタイムにも最適です。

夏、美容のために、お気に入りのチョコレートを見つけてみてはいかがでしょうか.♪

今年の夏は、チョコレートを食べて体の中から綺麗になりましょう

 

以上市川店でした


  • 簡単申し込み
  • お得な乗換割