メニュー

顔の印象が変わる!眉毛脱毛の方法とメリット

眉毛が整ってる女性

こんにちは脱毛ラボ脱毛士の沖野です。

今回は、お顔の印象に最も影響があると思われる眉毛のお手入れについてです。

 

カミソリやワックス...様々な方法がある眉毛脱毛

皆様は、日頃どのようにお手入れされておりますでしょうか? 近年は、日本ではナチュラルな太眉がブームですが、全くお手入れしないボサボサ眉はNGですよね。自宅では、カミソリ、電気シェーバー、毛抜きなどが主流ではないでしょうか。スペシャルケアと致しましては、Eyeblowの専門サロンなんかもあります。

 

サロンで、ワックスや糸も使います。毛抜きや、シェーバーよりもはるかにラインをキレイに整えることが出来るんですよ。眉毛とかって1本1本抜いていると洲が空いてしまったりするのですが、糸やワックスだと列で抜けるのでとてもきれいなんですね。Youtubeなどで見ると肌が赤くなってしまっていて痛そうですけど(笑)。

 

自己処理orサロン脱毛、眉毛の手入れはどちらがおすすめ?

眉毛は自己処理でもサロン脱毛でもお手入れできますが、どちらがいいのでしょうか。まず、自己処理はサロン脱毛に比べてコストがかからず、手軽にできるというメリットがあります。カミソリ、毛抜き、電動シェーバーなど処理方法も豊富で、扱いやすい物で整えることができます。もし失敗してしまってもまた伸びてくるので何回でもチャレンジでき、形や長さを変えるといったアレンジも自由自在です。

 

一方、サロン脱毛は一度脱毛したら生えにくくなり、お手入れが楽になります。施術はスタッフ任せにでき、手先が不器用な方でもきれいな形に整います。

 

しかし、眉は目に近い場所でそもそも光脱毛が難しく、眉下の脱毛を実施しているサロンは非常に限られています。光脱毛で用いるフラッシュは黒色に反応する性質があり、目は黒目や睫毛があり、万一目に当たると危険です。場合によっては失明などの視力障害を引き起こすリスクがあり、慎重に行わなければなりません。

 

また、眉毛の形には流行があります。太眉や細眉などの太さや、アーチ眉や並行眉など眉の形はその時々でトレンドが変わります。一度脱毛してしまうと、他の形の眉が流行ったときに融通が利かず、どこか古臭い印象を与えてしまいます。好みが変わったときや、年齢によって似合わなくなることもあり、場合によっては脱毛したことを後悔してしまうかもしれません。そのため、眉は処理方法やケアに注意すれば自己処理のほうがおすすめです。

眉毛脱毛の際に注意したいポイントと危険性

眉毛を自己処理するときは次の点に気をつけましょう。

 

理想の形を決めておく

眉毛のお手入れを始める前に、理想の形を決めておかないと左右非対称になったり、思ったような仕上がりにならなかったりします。眉の形は顔の印象を左右します。眉頭と眉山、眉尻の位置を決めてから余分な毛を処理してください。

 

カミソリやシェーバーは顔専用のものを

カミソリや電動シェーバーで眉を整える場合は、顔専用のものを用意しましょう。カミソリはT字型よりもI字型のほうが細かい部分の作業がしやすく、ボディ用と分けることで衛生的に使えます。電動シェーバーも顔用のI字型シェーバーがおすすめです。カミソリは皮膚や目を傷つけないよう外側から内側に向かって少しずつ剃ってください。

 

毛抜きや脱毛ワックス、クリームは控える

眉脱毛を自宅で簡単に行う方法と言えば毛抜きや脱毛ワックス、クリームです。しかし、1本1本毛抜きで抜くのは時間がかかり、痛みが伴います。埋没毛になると見た目が悪くなり、目の周辺の皮膚は薄いため毛嚢炎や肌荒れにつながる恐れもあります。ワックス脱毛は、腕や脚、VIO脱毛に使われることが多く、1度にムダ毛をまとめて抜くことができます。短時間でツルツルになれますが、眉周辺の皮膚には刺激が強すぎるのでおすすめできません。脱毛クリームは薬剤で体毛を溶かすアイテムです。腕や脚には効果的ですが眉の周辺に使用すると薬剤が目に入るリスクもあるので使用しないほうがいいでしょう。

 

家庭用脱毛器はNG

自宅で手軽に光脱毛やレーザー脱毛ができる家庭用脱毛器。サロンやクリニックで使われている機械よりも威力が抑えられていますが、自己判断で眉下に照射するのは危険です。サングラスをかけたり、目をつぶったりしてもうっかり光が目に入ってしまうかもしれません。家庭用脱毛器は目の周辺には使わないようにしてください。

 

左右を同時に処理する

眉脱毛は片方の眉を仕上げてから反対側の眉を処理するのではなく、両方のバランスを見ながら少しずつ整えてください。すると、左右対称の美しい眉になります。

 

眉毛の形を整えよう!人気の形と流行は?

清潔感や女性らしさ、知的さをアピールできる人気の眉の形をご紹介します。

 

アーチ眉

眉頭から眉尻までなだらかなアーチを描いたアーチ眉。どんな顔立ちにもマッチし、穏やかで優しい印象を与えます。眉山を強調しすぎず、眉頭から眉尻まで弧を描くイメージで整えてください。

 

ストレート眉

眉頭から眉尻までまっすぐ伸びるような形のストレート眉は、シャープな印象です。眉頭が一番太く、眉山に向かってやや斜め上に向かって整え、眉尻は細めに仕上げます。全体的に太めにすると旬の眉になります。

 

平行眉

ストレート眉と同じく眉頭から眉尻までまっすぐ伸びた形ですが、眉頭と眉尻が平行になっているのが特徴です。かわいらしくて優しい印象があり、若々しく見せたいときにもおすすめです。

 

ナチュラルな太眉

地眉を生かしたナチュラルな太眉は、凛とした意志の強さが感じられる大人っぽい印象を与えます。ここ数年はナチュラルな太眉がブームで、真似する方も多いです。地眉の毛を短くしすぎず、立体感が出るようふんわりと整えましょう。

脱毛ラボのSSC光フェイシャルで産毛も脱毛!

そんな眉毛のお手入れをしていくと、今度気になってくるのが額の産毛です。お体の脱毛と同じく、一箇所脱毛すると他のパーツが気になってくるんですね。そんな時は、光フェイシャルですね! 脱毛ラボが誇るSSC脱毛のライトを使用した、SSC光フェイシャル。早速、本日体験して参りました!

 

眉毛を整える女性

(1) まずは、マイクロスコープでお肌診断。乾燥気味なのでキメが流れてしまっておりました...。

 

(2) クレンジング。

 

(3) 美容成分のたっぷりと入ったひんやりとしたジェルをお肌に乗せます。

 

(4) ライトを照てます!

 

(5) お手入れした後は、ライトの熱で毛穴が開いた状態なので、冷却効果のあるローション&ジェルのWパックでほてりをクールダウン。

 

(6) 仕上げは、こちらも自社開発のお化粧水で整肌し、フィニッシュ!

 

 

 今回は、たるみのお手入れをしてもらったのですが、ライトの波長を変えるだけで、様々なお肌のお悩みにアプローチ出来るので、次は、シミのお手入れしもらおうかな♪ なんて考え中です♪

 

眉毛脱毛

光フェイシャルが受けれるのは、この看板のある脱毛ラボで☆

脱毛方法に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー