メニュー

顔脱毛の効果とメリットとは?お手入れの流れは?

美顔を目指す女性

こんにちは、脱毛ラボ 脱毛士の沖野です。 
今回は、顔脱毛についてお話させていただきます。
 

顔脱毛はすべき?どんなメリットがあるの?

顔は皮膚が薄く、デリケートな部位なので脱毛は怖いと感じるかもしれません。しかし、顔脱毛には次のようなメリットがあります。

 

すっぴんがきれいになる、顔色が明るくなる

顔の産毛は細くて薄いですが、顔全体を覆うように生えているとくすんだように見えてしまいます。しかし、きれいに脱毛すれば肌色がワントーン明るくなり、透明感がアップします。
生き生きとした印象になり、自分の肌に自信が持てるようになりますよ。さらに毛がなくなることで毛穴が引き締まり、キメが細かくなるのですっぴんがきれいになるというメリットもあります。

 

化粧ノリがよくなる

顔脱毛をすると、化粧下地やファンデーションの密着度がアップして化粧ノリがよくなります。
少量のファンデーションでもしっかりと伸びて、ムラなく均一に仕上がります。産毛が皮脂や汗を吸着することで起こっていた化粧崩れもなくなり、時間が経っても化粧したままの美しさをキープできます。

 

ひげやもみあげの剃りあとを気にしなくてよくなる

ひげやもみあげを繰り返し剃っていると、細い産毛も黒っぽく目立つようになります。とくに更年期に差し掛かると、女性ホルモンの減少から剃った跡が青っぽくなることもあります。
しかし、SSC脱毛なら施術を受けることで徐々に毛が細くなり、次第に目立たなくなります。レーザー脱毛と違って微調整も可能で、もみあげの量を減らしたいといった要望にもお応えできます。

 

実際、脱毛ラボは全身脱毛サロンなので、約9割の方が顔脱毛をしています。とくに鼻の下の産毛は何歳になっても気になるので人気の部位です。

 

こんなところも脱毛可能!顔脱毛の範囲とは?

脱毛ラボの顔脱毛は、パーツごとに脱毛範囲が決められています。顔の隅々まで脱毛できるので、気になる部位をまとめて脱毛しましょう。

 

頬(顔のうぶ毛)

左右もみあげと鼻下、あご周り上下の3つのパーツをセレクトすると、頬もすべて脱毛できます。

 

もみあげ、こめかみ

左右もみあげとこめかみパーツを選択すると、もみあげとこめかみ周りの産毛を除去できます。
好みの形や量をスタッフと相談しながら脱毛しましょう。

 

鼻の下、小鼻

鼻の下は男女ともにヒゲが生える部位です。鼻下と小鼻パーツを選択すると、鼻周りのムダ毛を脱毛できます。

 

あご

あごは意外と産毛が目立つ場所です。脱毛ラボではあごの下もあわせて脱毛可能です。

 

おでこ(額)

眉から上のおでこ全体を脱毛すると、前髪を上げたヘアスタイルがきれいにきまります。

 

顔のムダ毛、自己処理は絶対NG!その理由

顔のムダ毛は自己処理が基本と思っていませんか?しかし、カミソリや毛抜きなどの自己処理は、肌トラブルを引き起こす可能性があります。
カミソリは滑り止めがついたものでも手元が狂えば肌を傷つけることがあり、皮膚の表面を微量に削ってしまうことから色素沈着も起こりやすいです。
乾燥肌や敏感肌だとカミソリ負けといって、かさつきや赤み、かゆみを引き起こすケースも考えられます。

 

また、毛抜きでの処理はどうしても痛みが伴います。頻繁に毛を抜くことで毛穴がポツポツして目立ったり、赤みが残ったり、埋没毛になることもあります。
さらに、毛根を包んでいる箇所が細菌感染によって炎症する「毛嚢炎」になる恐れも否定できません。

 

他にも薬剤によって体毛を溶かす除毛クリームや、毛を脱色する脱色クリームがありますが、顔の皮膚はデリケートなので肌が強い方でも肌荒れが心配です。
肌トラブルを避けながらきれいにムダ毛を除去するには、自己処理よりもサロン脱毛を選択しましょう。

 

顔脱毛するならサロン?クリニック?

顔脱毛はサロンでもクリニックでもできますが、痛みを抑えて美肌効果も手に入れたいならサロンがおすすめです。
SSC脱毛はジェルの上から光を照射する脱毛方法でレーダー脱毛より痛みが少なく、デリケートな顔の皮膚にも最適です。
抑毛効果のあるジェルを塗ることで高い脱毛効果が期待でき、フォトフェイシャルと似たような美顔効果があるため肌のハリや弾力アップにも効果的です。

 

顔脱毛のお手入れの流れ

お手入れ道具
 

一例として、脱毛ラボの顔脱毛の流れをご紹介します。

【お手入れの流れ】
 
(1) 自社開発の脱毛専用のお化粧水で保湿! お肌は乾燥している状態だと刺激を受けやすいので、保護していきます。
 
(2) 次に、美容成分のたっぷり入った自社製のジェルをお肌に伸ばします。こちらのジェルに抑毛成分と企業秘密の美容成分がたっぷりと入っております。
 
(3) 上からライトを当てると、ライトの熱で毛穴が開き、有効成分が浸透!
 
(4) その後、ジェルを取り除いたら、自社製のアフターローションで保湿。
 
(5) 開いたままの毛穴は雑菌が入りやすくトラブルに繋がりやすいので、さらに自社製のアフターエッセンスジェリーで毛穴を引き締め、お肌の表面に皮膜を作ります。
 
 

顔脱毛の際に注意すべきポイント

光脱毛は黒色に反応する性質があり、脱毛期間中の日焼けはNGです。日焼けがひどいときや肌が炎症しているときは脱毛できない場合があるので、日焼け止めや帽子を使って紫外線対策をしてください。
また、脱毛当日にニキビや吹き出物ができていたり、乾燥によるかさつきがあったりすると、施術後にトラブルにつながる恐れがあります。
できるだけ最高のコンディションで施術を受けられるよう、日頃のスキンケアはいつも以上に丁寧に行ってください。

 

脱毛後は、光を照射することで肌が熱を持つことから外的刺激に敏感になり、肌が乾きやすくなります。十分に保湿して肌の乾燥を防ぎましょう。

 
脱毛に満足された方でも、お肌のトリートメントとして通ってくださる方もいらっしゃいます。お手入れした後は、しっとりしてワントーン明るくなるので、月イチで私もお手入れしています。
剃ってお肌を傷めてしまう前に、脱毛してみてはいかがでしょうか?
 

脱毛方法に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー