メニュー

自宅で行える脱毛方法を紹介!脱毛のやり方とメリット・デメリット

自宅で脱毛を行う女性

おしゃれのためには欠かせないムダ毛ケア。方法としては幅広くありますが、自宅できる脱毛方法だけとっても様々なものがあり、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。
そこで今回は、自宅できる脱毛のやり方やメリット・デメリットについて紹介します!

 

自宅で脱毛を行うメリット・デメリット

「最初からサロンやクリニックに通うのはちょっと不安、自宅でムダ毛を処理したほうが楽...」という人も多いのではないでしょうか。
自宅で行う脱毛のメリットとして大きいのは、自分で手軽にできること。また、自宅でできる多くの脱毛方法は低コストで手軽にできるという特徴があります。

 

しかし、自宅で行う脱毛方法の多くが、手軽にできる分、仕上がりがそれほどキレイでなかったり、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。また、脱毛効果がそれほど高くないことから、脱毛ケアが頻繁に必要になり、手間や労力、肌への負担がかかるというデメリットがあるのが特徴です。

自宅で行える脱毛方法は?

ここでは自宅でできる脱毛方法のやり方や特徴を説明します。

 

カミソリ

最も多いのがカミソリによる自己処理です。カミソリは、ムダ毛の自己処理でも最もオーソドックスな方法です。

 

やり方
毛の処理をしたい箇所に、ボディーソープの泡やシェービングジェルを塗り、カミソリを毛の流れに合わせ、肌に添わせるようにしてムダ毛を剃っていきます。

 

特徴・メリット・デメリットなど
  • ・自宅にあるカミソリで手軽に行える。カミソリの買い替えも安くできる。
  • ・除毛後に毛が再生するため、毎日のお手入れが必要。
  • ・処理後の保湿を怠ると乾燥しやすく、肌トラブルが起きることがある。
  • ・毛が伸びてくると、チクチクとして肌触りが悪くなる。
  • ・皮膚の角質も削ぎ落すので、黒ずみができやすい。カミソリの扱いを誤ると、肌を傷つけててしまうことがある。

 

毛抜き

ムダ毛を1本ずつ引き抜く毛抜きは、眉毛など細かい部分の脱毛に最適な自己処理方法です。

 

やり方

毛抜きでムダ毛をはさみ、毛の生えている流れにそって引き抜いていく。

 

特徴・メリット・デメリット
  • ・根元からムダ毛を抜くので、カミソリよりも脱毛状態を維持できる
  • ・ムダ毛を1本1本抜くので、痛みがある。労力と手間もかかる
  • ・毛と一緒に肌が引っ張られるため、肌が鳥肌状になることも。また、埋没毛ができやすくなる

 

ワックス

ブラジリアンワックスという名でも知られているワックス脱毛は、根本からムダ毛を一気に脱毛できる方法です。

 

やり方
脱毛したい部位の汚れを取り除いた後、専用のワックスを塗り、付属のシートを貼る。ワックスが乾いてきたら、毛の流れに剃って剥がしていく。

 

特徴・メリット・デメリット
  • ・ムダ毛を一気に抜くことができるので、毛抜きよりも手間がかからない
  • ・根元から毛を抜くので、脱毛効果が長め
  • ・シートを剥がすときに、痛みを感じたり、肌が赤くなる
  • ・敏感肌など肌が弱い人は、肌トラブルが起こりやすい

 

脱毛クリーム

化学成分を使用してムダ毛を溶かす脱毛クリームは、肌にクリームを塗って除毛を行う商品です。

 

やり方

脱毛したい部位に、クリームを塗り、指定時間(5~10分)置いてから、シャワーなどで洗い流す。

 

特徴・メリット・デメリット
  • ・毛を溶かすことで毛先が丸くなるので、脱毛後にムダ毛が再生してもザラザラしない
  • ・カミソリによる脱毛方法と同じように、翌日にはムダ毛が再生してしまう(商品によってはムダ毛の再生を抑える成分が配合されているものもあり)
  • ・敏感肌など肌が弱い人が使用すると、肌に刺激を感じることがある。
  • ・脱毛のたびにクリームが必要となるので、コスパが悪い。

 

家庭用脱毛器

自宅で光脱毛が行える家庭用脱毛器も人気を集めています。これはサロンで用いられるのと同じ原理で自己処理ができる!というものになります。

 

やり方

ムダ毛をシェーバーで剃った後、ジェルを塗布し、家庭用脱毛器で照射を行っていく。脱毛中は専用のサングラスをかけて、目を保護する必要があります。

 

特徴・メリット・デメリット
  • ・自宅でも安価で光脱毛を行うことができる
  • ・自宅用に開発されているため、脱毛効果は脱毛サロンよりも低い傾向にある
  • ・家庭用脱毛器は数万円するため、初期費用がかかる
  • ・ムダ毛の濃い部分では、痛みを感じやすい

脱毛後の保湿

自宅で脱毛を行う女性

どのような方法を用いても自宅で脱毛を行ったときに忘れず行いたいのが保湿です。脱毛を行った後の肌はデリケートな状態です。

 

脱毛後の肌をそのままにしておくと、赤みが増したり、細菌感染を起こす可能性があります。肌の水分量が高いとバリア機能を高める効果があるので、脱毛後の肌トラブルを抑えるのに効果的です。自宅で脱毛ケアを行った後は、化粧水・乳液でしっかり保湿して、脱毛後の肌をケアしてあげましょう。

【まとめ】失敗したくないなら脱毛サロンを利用しましょう。

自宅での脱毛方法はいろいろありますが、手軽にできる一方で、失敗してしまうことも少なくありません。
また、脱毛効果の低い自宅のケアでは一生ムダ毛のケアをしていかなければなりません。

 

半永久的にムダ毛のない肌を目指したいのなら、脱毛サロンを検討してみることもおすすめです。サロンの脱毛は毛の再生組織にアプローチするので、脱毛効果が高いという特徴があります。
自宅での脱毛方法に満足していない人は、ぜひこの機会に脱毛サロンを利用してみてはいかがでしょうか!

脱毛方法に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー