メニュー

公開日:2022年4月12日更新日:2022年4月12日

ひざ脱毛のメリットとは?痛みや気をつけるべきポイントについて

ひざ脱毛のメリットとは?痛みや気をつけるべきポイントについて画像

>>簡単1分で完了!脱毛のお悩みを相談できる無料カウンセリング予約はこちら

スカートやショートパンツなどを履く時、ひざが見えるために躊躇してしまう方もいらっしゃるでしょう。ひざは意外に人目につく場所であり、ムダ毛や乾燥、プツプツ毛穴などがあると隠してしまいたくなるものです。しかし、ムダ毛のセルフ処理だけではなかなか理想のツルツルなひざにはなりません。

ひざのお手入れには、ひざ脱毛がおすすめです。セルフ処理が不要になるだけでなく、毛穴も引き締まるため、黒ずみのないキレイなひざを目指せます。

今回は、ひざ脱毛のメリットや痛みの感じ方、気をつけるべきポイントを解説します。ぜひ参考にしてみてください。

ひざ脱毛の施術範囲は?

ひざは、太くて濃い毛が生える部位でもあるため悩んでいる女性も少なくありません。

脱毛サロンにおいて、ひざとは「ひざ小僧」周辺のことを指します。ひざより上は「ひざ上」、下は「ひざ下」と施術範囲が分かれます。

ひざ脱毛のメリットとは

ひざ脱毛にはメリットが多く、悩みを抱えている方にとって良い解決方法になるでしょう。ひざ脱毛で得られる具体的なメリットを3つ紹介します。

セルフ処理による乾燥や黒ずみを防げる

ひざは皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部位です。何度もセルフ処理を繰り返すと摩擦による刺激が乾燥を進めてしまう原因になるため、注意が必要です。摩擦は乾燥だけでなく黒ずみの原因にもなります。

ひざ脱毛をすると、セルフ処理の必要がなくなります。そのため、セルフ処理よる乾燥や黒ずみを防ぐ効果が期待できます。

刃物を使わないためケガの心配がない

ひざは骨が近いため硬く、凹凸があります。そのため他の部位と比べてカミソリを当てにくく、深剃りになりケガすることが少なくありません。

光脱毛の場合は、脱毛効果を得られる光をひざに照射してお手入れします。カミソリのような刃物は使わないため、ケガの心配がありません。

足を露出する服を抵抗なく着られる

脱毛するとセルフ処理が不要となるため、肌の調子も良くなりキレイなひざを手に入れられます。ムダ毛がなくなったぶん毛穴が引き締まりますので、ツルツルのひざも夢ではありません。スカートやショートパンツなど、ひざが見える服も抵抗なく楽しめるでしょう。

ひざ上やひざ下を脱毛する場合は、ひざそのものもしっかり脱毛することをおすすめします。逆にひざのみを脱毛した場合も、足全体を見た時に違和感が出てしまいますので、ひざ・ひざ上・ひざ下は一緒に脱毛するようにしましょう。

ひざ脱毛は痛い?

ひざ脱毛

ひざは脂肪が少なく骨が近いため、他の部位と比べると痛みは強く感じるでしょう。太い毛がある場合や毛量が多い場合も痛みが強くなるため注意が必要です。痛みが不安な方は契約前のカウンセリング時にパッチテストを受けて確かめてみてください。

施術中の痛みを我慢できない場合、基本的にはスタッフに相談することで照射レベルを低く調整してもらえます。また、施術回数を重ねてムダ毛が細くなったり減ったりすることで痛みも弱くなっていくため、過度な心配は必要ないでしょう。

ひざ脱毛完了までに必要な回数

ひざ脱毛完了までに必要な施術回数は、個人差があるものの12~18回が目安です。6回程度照射するとムダ毛が伸びるペースが遅くなり、セルフ処理の頻度も減ります。中には6回程度で満足される方もいますが、ツルツルのひざを目指している場合はもう少し回数を重ねることをおすすめします。

脱毛は1~2回など、少ない回数では思ったような効果は現れません。目に見えないムダ毛が皮膚の中に存在しているため、毛の成長サイクルに合わせて定期的に照射することが大切です。

ひざ脱毛をするときに気をつけるべきポイント

ひざ脱毛をスムーズに進めるために、以下の3つのポイントに気をつけてみましょう。

施術前日までの保湿ケア

ひざは全身の中でも乾燥しやすい部位であるため、日頃から保湿ケアをしましょう。乾燥していると照射時に痛みを強く感じる場合があり、照射レベルを低くせざるを得ない場合があります。スムーズにひざ脱毛を進めるために適切な照射レベルでお手入れする際には欠かせないポイントです。

また、照射後の肌は熱により乾燥しやすくなっています。施術後の乾燥はかゆみなど肌トラブルの原因となりますので必ず保湿をしましょう。

セルフ処理は電動シェーバーがおすすめ

脱毛サロンに通っている期間も、完了するまではムダ毛が生えてきてしまいます。そのままセルフ処理をしなくても問題はありません。しかし、施術日前日から当日朝には事前処理としてセルフ処理を行う必要があります。

セルフ処理には、カミソリではなく肌に優しい電動シェーバーがおすすめです。直接刃を肌に当てて剃るのではなく、振動によりムダ毛をカットするアイテムなのでケガの心配はありません。カミソリ負けなどのトラブルも起こりにくいので、ぜひ電動シェーバーによるセルフ処理にトライしてみましょう。

タイトパンツは履かない方が無難

脱毛期間中は、タイトパンツは履かない方が無難です。ワイドパンツなどゆとりがあるタイプに比べてタイトパンツはひざの摩擦が多くなるため、乾燥や黒ずみの原因になります。

衣類の摩擦は無意識に肌へ負担をかけてしまうため、ゆったりとしたパンツを選ぶだけでも肌ケアになるでしょう。

ひざ脱毛でオシャレの選択肢を増やそう

ひざ脱毛するとムダ毛がなくなるだけでなく、肌の調子が整い毛穴が引き締まる効果も期待できます。ツルツルのひざなら、スカートやショートパンツも抵抗なく楽しめるでしょう。カミソリによるセルフ処理も不要となるため、ケガや肌トラブルを起こすリスクを軽減できます。痛みに弱い方はパッチテストを受けて痛みの感じ方を確かめてみましょう。

ひざ脱毛に興味のある方はぜひカウンセリングを受け、スカートやショートパンツでも自信を持てる美しいひざを目指してください。

脱毛ラボでは、脱毛を始めてみようか悩んでいる方に向けて、無料でカウンセリングを行っています。
脱毛に関する知識と経験・技術を身につけたプロのスタッフが、あなたのお悩みについて親身になって対応します。
脱毛ラボならではの高い技術力とホスピタリティでお客様の脱毛をサポートしますので、気軽にお越しください。

>>簡単1分で完了!脱毛のお悩みを相談できる無料カウンセリング予約はこちら

執筆者:脱毛ラボ編集部

脱毛ラボが、今日から役立つ脱毛情報をお届け!気になるみんなの脱毛事情やセルフ脱毛、全身脱毛やVIO脱毛まで、もっともっとキレイになるためのコンテンツを更新しています。

脱毛方法に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー