メニュー

公開日:2016年4月26日更新日:2021年6月 8日

何が違う?医療脱毛とサロン脱毛の違いとは

何が違う?医療脱毛とサロン脱毛の違いとは画像

目次

はじめに光脱毛とレーザー脱毛の仕組みの違いについて

裸の女性

はじめに、サロンで使用されている光脱毛とクリニックなどの医療機関で使用されているレーザー脱毛の仕組みについてそれぞれ解説します。

サロンで使用されている光脱毛とは

光脱毛とは脱毛サロンで主に使用されている脱毛方法で、別名「フラッシュ脱毛」とも呼ばれます。
脱毛したいところに光を照射すると、毛根に熱が与えられ再生能力が弱まります。照射回数を重ねていくと徐々に毛が生えにくくなり、脱毛効果が得られる仕組みです。

光脱毛は、基本的に毛周期にあわせて照射します。
毛周期は【成長期→退行期→休止期】と3つの時期に分かれており、もっとも脱毛に大切な時期は成長期です。
理由は、毛に含まれているメラニン色素が濃い成長期に照射すると脱毛効果が出やすいから。成長期にあわせるのであれば2ヵ月に一回程度の施術が適切であり、毛根にしっかりと熱エネルギーを与えられます。

逆に、退行期の毛はメラニン色素が少ないため、照射しても脱毛効果が実感しにくい時期です。休止期は、退行期の毛が抜け落ちた時期となり、こちらも脱毛効果は得られません。

これらのことから、効果的に光脱毛を進めるためには成長期の毛が多い2カ月に一回ペースで施術を受けることが理想となります。

クリニックで使用されているレーザー脱毛とは

レーザー脱毛とは、医療用の特殊なレーザーを使用した脱毛方法です。光脱毛と違って医療行為の一つであり、国家資格を取得している医療従事者しか施術できません。

光脱毛は再生能力を弱める効果に留まりますが、レーザー脱毛は毛根を破壊するため、半永久的に毛が生えてきません。
ただし原理はどちらも同じで、レーザーが毛のメラニン色素に反応することで毛根にダメージを与えます。
光脱毛とは異なり強いエネルギーを集中的に与えるため痛みが強く、そのぶん脱毛効果も高まります。施術回数も光脱毛の半分程度で完了します。

クリニックの医療脱毛とサロン脱毛の違いを比較!

では、医療脱毛とサロン脱毛の違いについてより深く比較してみましょう。主に以下の5つのポイントがその違いとなります。

サロン脱毛の方が脱毛器の出力が弱い

サロン脱毛は脱毛器の出力が弱く、医療脱毛よりも脱毛効果を実感できるまでに時間がかかります。

医療脱毛で使用しているレーザーは波長が単一であるため、毛に向かって一直線に高い熱エネルギーを与える仕様です。一方、サロン脱毛は複数の波長の光を照射するため、毛に与える熱エネルギーも弱くなります。そのぶんレーザーよりも肌への負担が少なく、肌トラブルを抑えた脱毛が可能となります。

光脱毛は回数がかかる

光脱毛は出力が弱いため、脱毛完了までの施術回数が多くかかります。最低でも12回~18回の施術が必要です。部位や個人差によっては18回でも足りず、さらに回数を重ねる必要がある場合もあります。

一方、出力の強いレーザー脱毛は5~6回の施術で脱毛完了できるとされています。ただし光脱毛同様、脱毛部位や個人差によってはさらに回数が必要となります。

通う期間は、2ヵ月に1回ペースで通った場合で光脱毛は2~3年、レーザー脱毛は1年程度を目安にしましょう。

医療レーザー脱毛の方が痛い

レーザー脱毛は出力が強いため「熱い油がはねてきたときの熱さや痛み」「強い力で弾かれたような痛み」と表現されるほどの痛みを伴います。

それに比べ、光脱毛はあまり痛みを感じない人が多く、「照射した部分が少し熱い」「温かい程度」「輪ゴムでパチンと弾かれる程度」といった表現されることがほとんどです。ただしVIOなど敏感な部位は痛みが増すことがあります。

レーザー脱毛も光脱毛も痛みが強い場合は出力を弱く調整してもらえるため、スタッフにその都度伝えるようにしましょう。

医療レーザー脱毛は比較的高価

レーザー脱毛は比較的高価であり、光脱毛のほうが安い料金設定になっていることがほとんどです。総額でみると変わらないと感じても、1回単価で計算するとレーザー脱毛の方が光脱毛の倍ほどの金額になるケースもあります。

部分脱毛になるとその金額差が明確になるケースが増えます。1部位で数万円かかるのも少なくありません。費用を抑えて脱毛したいなら、料金比較は忘れずにおこないましょう。

医療脱毛と美容脱毛の違い

医療脱毛と美容脱毛(光脱毛)の明確な違いは、クーリングオフ制度の対象であるかないかといった部分です。

美容脱毛は「特定継続的役務提供」にあたり、期間が1ヵ月以上・契約金額が5万円以上の場合、契約から8日間は無条件に契約を撤回できるクーリングオフ制度の対象になります。しかし、医療脱毛は「医療契約」になるため、クーリングオフ制度の対象から外れてしまう場合があります。

また美容脱毛ではアフターケアとして美肌ケアがありますが、医療脱毛ではおこなっていないところが多くなっています。

その代わりに医療脱毛では、肌トラブルなどが起きた場合に無料で診察が受けられたり薬を処方してもらえたりするため、安全面に優れているのが特長です。提携医療機関での治療が保障されている脱毛サロンもあるため、始めに確認しておきましょう。

脱毛

医療脱毛のメリット・デメリットまとめ

医療脱毛のメリット・デメリットをまとめます。
脱毛方法を選ぶ際の参考にしてください。

医療脱毛のメリット

医療脱毛のメリットは主に2つあります。

効果が高い

医療脱毛の最大のメリットは脱毛効果の高さです。出力の強いレーザーが毛根にしっかりアプローチするため、半永久的に毛は生えてきません。出力が強いためリスクも高く感じられますが、医療従事者のみしか施術ができないため安全性に優れた脱毛が受けられます。

照射回数が少ない

医療脱毛は照射回数が5~6回程度と少ないところもメリットです。脱毛完了までにかかる期間も1年程度と短くなります。「何度も通うのが面倒」「短期間で脱毛を終わらせたい」という方は医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛のデメリット

医療脱毛にはデメリットも2つあります。特に痛みに敏感な方はしっかりと確認しておきましょう。

痛みが強い

医療脱毛は照射出力が強いため脱毛効果は高いですが、痛みが強いです。痛みに敏感な人にとっては刺激が強すぎる可能性があります。VIOなど毛が太くデリケートな部位はさらに痛みが増すので注意しましょう。

予約が取りづらいことがある

クリニックはベッド数が限られています。また施術者の数や時間も限られているため、予約が取りづらいこともあります。適切な時期に施術が受けられるよう、早めの予約を心がけるようにしましょう。

サロン脱毛のメリット・デメリットまとめ

続いてサロン脱毛のメリット・デメリットをまとめます。ぜひ医療脱毛と比較してご覧ください。

サロン脱毛のメリット

サロン脱毛のメリットは大きく3つあります。

痛みが少ない

サロン脱毛の最大のメリットは、医療脱毛に比べて痛みが少ないことです。痛みに弱い人や初めて脱毛を受ける人でも継続しやすいでしょう。肌トラブルが出やすい敏感肌の方でもトラブルが起きる可能性を低く抑えられます。

比較的安価

サロンによっても金額は異なりますが、クリニックよりも比較的安価に通えます。さらに、VIOや脇、顔のみといった気になる部位のみの脱毛が受けられるサロンも多くなっています。部位を絞ればそのぶん費用も安く済ませることができます。

美肌効果が期待できる

脱毛サロンでは脱毛施術前後の美肌ケアをしてくれることが多くあります。脱毛と同時に肌ケアもしたい場合はサロン脱毛がぴったりでしょう。保湿や美白などサロンによって美肌ケアの内容が異なるため、事前に確認しましょう。

サロン脱毛のデメリット

サロン脱毛にもデメリットは2つあります。目指すゴールや時間的な制約を考え、的確に選択するようにしましょう。

効果を得るのに時間が必要

サロン脱毛は医療脱毛よりも出力が弱いため、即効性はありません。施術回数を重ねていく必要があり、完了するまでに2年以上の期間が必要です。短期間で脱毛を終わらせたい方にとってはネックとなるかもしれません。

永久脱毛は期待できない

医療脱毛と違い毛根の再生能力を弱らせるだけなので、永久脱毛は期待できません。抑毛・減毛の効果に留まります。もちろん、脱毛前よりも毛は薄く目立たなくなり、自己処理をする必要はなくなるため、脱毛効果が得られないわけではありません。

脱毛ラボが選ばれている理由とは

こうしたメリットやデメリットがある中で脱毛ラボが選ばれているのはなぜか。理由は大きく3つ挙げられます。

  • 痛みが少ない脱毛法を導入
  • 美肌ケアが受けられる
  • 予約が取りやすく通いやすい

脱毛ラボは、光脱毛のなかでも刺激の少ないSSC脱毛を導入しています。毛根ではなく専用ジェルに含まれている「トレジャービーンズ」に光が反応。トレジャービーンズの中に含まれているフィリニーブ成分・ダイズイソフラボン成分が抑毛効果を発揮します。医療脱毛はもちろん、従来の光脱毛と比べても痛みが少ない脱毛が可能です。

さらに、フィリニーブ成分には美容成分も配合されているため、光を照射すると肌に浸透し美肌効果が期待できます。またオリジナル脱毛アフターコスメを開発。脱毛の施術前・施術中・施術後の3回、エステパックを施してもらえます。医療脱毛では受けられない高品質の美容脱毛が受けられるのも選ばれる理由の一つです。

予約に関しても、最新の連射脱毛マシンを導入したため60~90分で施術が可能になり、その分予約枠を多く確保。営業時間も22時までと遅くまで予約が取れるため、平日の仕事帰りなどに通うこともできます。

脱毛効果を高めるためのポイント

脱毛効果を高めるために大切なのは「紫外線対策」と「保湿」です。

日焼けした肌は普段よりもデリケートなため、脱毛を断られてしまう可能性があります。また、光やレーザーが強く反応して痛みが増してしまうため、日焼けの跡が元に戻るまでは出力を弱める必要があり、脱毛効果も半減してしまいます。日頃から日焼け止めクリームや日傘を使用して紫外線対策を施しましょう。

また、脱毛期間中の保湿もとても大切です。乾燥している肌の場合毛根まで光やレーザーが届きにくいため、脱毛効果が得にくくなります。一方、保湿がなされ水分量が高い肌は毛根までしっかりと光とレーザーが届き、脱毛効果がアップします。

なお、保湿は施術前だけはなく施術後も忘れずにおこないましょう。施術後の肌は熱により乾燥しやすい状態です。アフターケアとしてボディーローションやクリームを使った保湿を忘れないようにしてください。

自分にあった脱毛方法を選ぶことが大切!

レーザー脱毛と光脱毛にはそれぞれメリット・デメリットがあります。どちらに通えばいいか悩む!という方は、自分がどんな脱毛をしたいかの優先順位を考えると選びやすくなります。

「ずっと毛が生えてこない状態にしたい、短期間で脱毛したい!」という方はレーザー脱毛、「痛みを感じずに毛を少なくしたい!」という方は光脱毛、など、効果や痛み、通いやすさ、どこに重点を置くかを考えて選んでみてください。

脱毛ラボでは、脱毛を始めてみようか悩んでいる方に向けて、無料でカウンセリングを行っています。
脱毛に関する知識と経験・技術を身につけたプロのスタッフが、あなたのお悩みについて親身になって対応します。
脱毛ラボならではの高い技術力とホスピタリティでお客様の脱毛をサポートしますので、気軽にお越しください。

>>簡単1分で完了!脱毛のお悩みを相談できる無料カウンセリング予約はこちら

執筆者:脱毛ラボ編集部

脱毛ラボが、今日から役立つ脱毛情報をお届け!気になるみんなの脱毛事情やセルフ脱毛、全身脱毛やVIO脱毛まで、もっともっとキレイになるためのコンテンツを更新しています。

脱毛方法に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー