メニュー

公開日:2021年4月12日更新日:2021年4月19日

お腹の脱毛とは?メリットや痛み、必要な施術回数について

お腹の脱毛とは?メリットや痛み、必要な施術回数について画像

目次

>>簡単1分で完了!脱毛のお悩みを相談できる無料カウンセリング予約はこちら

暖かい季節になると、楽しみなのが海やプールなどのレジャーです。そんな時にはムダ毛のケアが欠かせません。
手足や脇などは日常生活でも気になる部位であるため普段から自己処理をしている、またはすでに脱毛を終わらせているという方も多いかもしれません。
しかし、お腹のムダ毛はほったらかしになっていませんか?

面積が広く自己処理の難しいお腹はサロンでの脱毛がおすすめです。
今回は、お腹を脱毛するメリットや痛みなどについて紹介していきます。

お腹の脱毛の範囲は?

お腹の脱毛の範囲は、アンダーバストから骨盤にかけての広い範囲となります。
普段は人目につくことがほとんどありませんが、温泉に行った時、海やプールで水着になった時、病院の診察の時などの場面で気になる方が多いです。

お腹の脱毛は範囲が広く、肌がとても柔らかいため、自己処理がしづらい部位の一つに挙げられます。毛は薄いですが細かい毛がたくさんあり、水着などを着ると離れた場所からでも毛の流れが見えてしまうこともあります。
普段はあまり見られることのない部位だからこそ、人目につくのが恥ずかしく感じたり、他の人がどんな処理をしているのか気になる方が多いようです。

なお、おへその上下は周囲のお腹の毛に比べて毛質が太く、少し濃い場合があるので、脱毛ではへそ周りとお腹は別の部位として分けられることが一般的です。

お腹の脱毛をするメリットとは

お腹の脱毛は手足やVIOに比べて話題になる機会があまりないため、知識をお持ちの方も少ないかもしれません。
ここでは、お腹の脱毛をすることによってどのようなメリットがあるのかを紹介していきます。

ムダ毛の処理の手間が省ける

一番に挙げられるメリットは自己処理の手間が省けることです。
面積が広いため時間がかかるのに加え、肌が柔らかいためカミソリなどの刃物を使うのが不安という方も多いと思います。
さらに、毛が細かくて薄い上に範囲が広いため時間がかかり、こまめに処理をするのが難しい部位でもあります。

お腹を脱毛すれば、そうした自己処理の手間や時間を省き、簡単にすべすべのお肌を手に入れることができます。

水着などでお腹を堂々と出せる

お腹の脱毛をすれば水着を着た際にムダ毛の心配をする必要がなくなり、思いきり楽しめるようになります。
短めのトップスを着たときなども、ちらっと見えたお腹がムダ毛のないつるつるなお腹だと、とても素敵な印象です。

冬場は服で隠れるのでほったらかしにしてしまうことが多い部位だからこそ、「自己処理をうっかり忘れた!」などと焦ることが無いよう脱毛することが大事です。
病院の診察や温泉旅行などに急遽行くことになっても恥ずかしく感じることなく堂々と過ごせます。

お腹の脱毛は痛い?

お腹は皮膚が比較的薄く、痛みに敏感な部位です。
しかし、お腹の毛は薄くて細い場合が多いため、毛が太い部位に比べると痛みは強くはありません。

また、お腹をやさしく触られるとくすぐったさを感じる方もいらっしゃるかと思います。
そのような方に対しては、くすぐったさを軽減する施術ができるようサロンのスタッフが工夫しますので、まずは気軽に相談してみましょう。

お腹の脱毛完了までに必要な回数は?

お腹"

毛がとても薄く細かい部位であるぶん、脱毛の効果を実感するには他の部位よりも多くの回数と時間がかかります。
個人差はありますが、5~6回程で変化を感じ始め、自己処理が必要なくなってくるには12回程度、完全に脱毛が完了するまではもう少し回数が必要な場合もあります。

肌が特にデリケートな部位ですので、完全脱毛を目指す方は余裕を持ったスケジュールで施術を受けるようにしましょう。

お腹の脱毛で気を付けるべきこと

乾燥によってお腹にかゆみやムズムズを感じることがあると思います。
肌の乾燥は脱毛にとって天敵です。肌への負担を最小限に抑えるため、化粧水やボディクリームによる保湿を欠かさないようにしましょう。保湿タイプの入浴剤もおすすめです。
また、お風呂でゴシゴシと強く擦って身体を洗っている場合は手で優しく洗うように変えるなど、刺激を与えないように注意してください。

お腹は洋服などで摩擦が起こりやすい部位です。
脱毛直後の摩擦による肌トラブルの可能性を少なくするために、来店時の服装はゆったりとしたラインの洋服やワンピースなどがおすすめです。

お腹の脱毛におけるセルフケアと医療脱毛との違いについて

先ほど紹介した通り、お腹は数回の脱毛ですぐに効果を実感するのは少し難しい部位です。
その点でセルフケアはお金をあまりかけずに手軽にムダ毛を処理する方法と言えますが、肌が柔らかく敏感であるためカミソリ負けや乾燥が起こりやすいデメリットがあります。
特にウエスト部分はショーツやパンツ、スカートなどの締め付けが大きく、自己処理をした後すぐに摩擦を与えてしまうと肌トラブルの原因になることもあります。

一方、医療脱毛は、費用が高いものの少ない回数で変化を実感できる点がメリットです。とはいえ、細くて柔らかい毛が多いお腹のムダ毛処理にはやはりそれなりの施術回数を重ねる必要があります。

サロンの場合もやはり施術の回数は比較的多くなりますが、医療脱毛よりも予算が抑えられるメリットがあります。また、乾燥や肌への負担が少ないのも魅力です。

ムダ毛のないお腹で自信のある水着姿に

ここでは、普段からケアしたいお腹のムダ毛の脱毛について、そのメリットや気をつけるべきポイントを紹介しました。

脇やVIOなどに比べて脱毛完了まで時間がかかり自己処理も難しいお腹ですが、だからこそ脱毛におすすめの部位です。
ムダ毛が気になって水着を着ようかどうか迷ってしまうという方、ムダ毛のせいでせっかくの楽しさを諦めてしまうのはもったいないですよね。ぜひ早めの脱毛を検討してみましょう。

脱毛ラボでは、脱毛を始めてみようか悩んでいる方に向けて、無料でカウンセリングを行っています。
脱毛に関する知識と経験・技術を身につけたプロのスタッフが、あなたのお悩みについて親身になって対応します。
脱毛ラボならではの高い技術力とホスピタリティでお客様の脱毛をサポートしますので、気軽にお越しください。

>>簡単1分で完了!脱毛のお悩みを相談できる無料カウンセリング予約はこちら

執筆者:脱毛ラボ編集部

脱毛ラボが、今日から役立つ脱毛情報をお届け!気になるみんなの脱毛事情やセルフ脱毛、全身脱毛やVIO脱毛まで、もっともっとキレイになるためのコンテンツを更新しています。

脱毛方法に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー