メニュー

脱毛中は日焼けに注意!日焼けすると脱毛効果が下がる?

日焼けを気にする女性

夏に海やプールで思いっきり遊んで、長時間外にいて肌が日焼けしてしまった!というのは夏の風物詩ですね。他にも、こんがり焼けた肌にしたいと日焼けサロンに通う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、一方で「脱毛サロンやクリニックでは日焼けした肌は施術を受けられない」という情報を目にしたり、実際に施術を断られた!という口コミを見たことがあるかもしれません。
実際、施術日当日に日焼けが原因で脱毛が受けられないことはありますし、施術前や施術後に日焼けをしないように忠告されることも。
脱毛中に日焼けをしてしまうと、

 

・脱毛効果が下がる
・脱毛時の痛みが強くなる
・肌トラブルが起こりやすくなる

 

これらのリスクが高まってしまうのです。
ここでは、日焼けと脱毛の関係について詳しく解説します。肌への負担が少ない光脱毛の仕組みや日焼けケアについても紹介します!


脱毛中に日焼けしてはいけない理由

日焼けクリーム

そもそも光脱毛の仕組みって?

現在の脱毛法として主流なものに光脱毛とレーザー脱毛がありますが、毛根を焼切るレーザー脱毛にくらべて、光脱毛は肌への負担や痛みが少ないのが特徴です。
ですが、なぜ光を当てるだけで毛が抜けるのでしょうか。

その秘密には、「メラニン」と「毛周期」が深くかかわっています。


そもそも光脱毛はレーザー光線を照射し、毛根の細胞を破壊することで脱毛効果を引き出す脱毛方法。毛根の核といえる毛乳頭にピンポイントでダメージを与えることで毛全体の栄養を減らし、うすくて弱い毛へと変えていくんですね。

このとき、光脱毛の機械は黒いメラニン色素に反応してレーザー光線を照射するため、日焼けをしていると毛根だけでなく肌にも反応してしまい、光が分散してしまうのです。これが日焼け肌に脱毛施術を行うのが難しい理由のひとつです。


日焼けすると脱毛効果が下がる

先ほどお伝えしたように、日焼けした肌に光脱毛をすると肌のメラニンにも反応して光が分散されてしまいます。
その結果、毛根へのダメージがピンポイントで届くことがなく、脱毛効果が下がってしまいます。

 

施術時の痛みが強くなる

光脱毛はほとんど痛みを感じないというメリットがありますが、日焼けをしていると痛みを感じることも。

日焼けをした肌は、紫外線などの日光で肌がやけどを起こしている状態で、肌表面の細胞がキズついて非常に乾燥しています。
そのため、肌のバリア機能が失われて刺激をうけやすくなってしまうのです。
特に、日焼けをすると肌が赤くめくれてしまうようなタイプの人は要注意です。

 

肌トラブルにつながる

ダメージを受けやすい日焼け肌で光脱毛をすると、様々な肌トラブルにつながるおそれがあります。
また、脱毛痕の色素沈着やシミ、赤みに加えて、最悪の場合、毛嚢炎といった皮膚の病気を引き起こす可能性も高まります。肌が弱い方や、現在肌にトラブルを抱えている方は特に注意が必要です。

 

どのくらい日焼けをすると脱毛できない?

日焼けの程度としては、通っているクリニックやサロンのスタッフさんに相談してみるのが一番良いと思います。

一般的には、洋服で隠れている部分と日に当たる部分の明るさが一目で分かるような日焼けですと施術できないというケースが多いです。
脱毛期間中はプールや海など、日焼けしやすい外出は控えて、その他の外出の際は入念なUVケアにつとめましょう!

日焼けしてしまった時の対策

日焼けケアの重要なポイントとして

 

・冷やす
・保湿
・栄養補給

 

があります。順に紹介していきましょう。


日焼けした部位を冷やす

やけど状態の日焼け肌を冷やすことで、ほてりと炎症を静めます。
ただし冷たすぎるものを使ったり、氷などを直接当ててしまうと肌へのダメージが悪化するのでガーゼやタオルなどの肌に優しい素材で冷やすようにしましょう。

 

十分な保湿を行う

乾燥した肌を保湿することで、肌本来のバリア機能が取りもどされます。
また、水分で潤った肌はターンオーバーが正常化し、新しい肌へと再生していきます。
ターンオーバーのサイクルは28日~40日程度なので、約一カ月ほど入念な保湿を心がけ、化粧水や美容液は肌に優しい低刺激性のものを使用しましょう。

パッティングはひかえて、いつもより多めの量の化粧水や美容液をハンドプッシュで肌に入れこむように優しくケアするのがオススメ。仕上げは乳液やクリームでしっかりと蓋をして、潤いをとじ込めます。


ビタミンCを摂取する

ビタミンCを摂取すると、その強い抗酸化作用でさまざまな肌トラブルを解消することができます。

ビタミンCの抗酸化作用はメラニンを作り出すメラノサイトへ作用し、メラニンの素になるチロシンの参加を防ぎます。
また、黒いメラニンの増加を抑制するだけでなく、すでに出来てしまったメラニンを還元する作用も持ち合わせています。
ビタミンCはコラーゲンを合成するのに必要不可欠だったり、ヒアルロン酸の増加にも密接な関係があるので積極的に取るようにしましょう!

サプリメントなどの経口摂取でビタミンCをとる他に、ビタミンCが配合されている美容品を使用するのも効果的です。

 

脱毛後の日焼けには要注意!

光脱毛の施術が終わった後も日焼けには要注意です!
次回の施術が残っている場合は、お伝えしたように脱毛効果が落ちてしまったり、施術が受けられないことがあります。

また、脱毛後のダメージを負った肌にさらに日焼けをすると、赤みや乾燥、痛み、シミなどの肌トラブルが起きるおそれも。
外出する際は、日焼け止めなどのUV対策をしましょう。
効果の高い日焼け止めは肌への負担も大きいので、SPF30くらいのものがオススメです。

アフターケアに関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー