メニュー

脱毛後は保湿が重要!保湿を怠るとどうなっちゃうの?

脱毛後の保湿

脱毛後の肌はとても乾燥している!

皆さんは自宅でのムダ毛処理の後、かゆみやピリつきを感じたことはありませんか?
そのままでも次第に落ち着いていきますが、ダメージを負った肌を保湿せずに放っておくと新たな肌トラブルなどにつながってしまうため、注意が必要です。

クリニックやサロンでのレーザー脱毛では肌への負担が少なく、施術もプロのスタッフが行ってくれるので肌トラブルの心配はグッと減りますが、更にアフターケアとして気を付けてあげるとより安心です!

脱毛後の乾燥肌をケアして、美しい健康的な肌を目指しましょう!

 

脱毛後の保湿を怠るとどうなる?

脱毛後の乾燥で傷んだ肌のケアを怠ってしまうと、シワになったり、肌が粉を吹くような荒れた状態になってしまうことがあります。
さらには脱毛痕の治りが遅くなる、肌そのものが乾燥肌や敏感肌に変わってしまうことも。
脱毛後に保湿ケアをしっかりと行い、これらの不安を解消しましょう!

 

脱毛後だけじゃない!脱毛期間中に保湿するメリット

脱毛後だけでなく脱毛期間中も保湿ケアをすることで様々なメリットがあります。

 

脱毛効果の向上

乾燥肌の方は、ライトやレーザーの照射を続けることで火傷になる危険性があるため、脱毛の施術が受けられないことがあります。
一方、潤った肌はたくさんの水分を含んでいるので、より強い力で照射することができて脱毛効果も高くなります。健康で潤った肌は耐える力も強いのです。

 

施術時の痛みの軽減

肌の潤いは脱毛時の熱や光の刺激をおさえてくれるので、自然と痛みも軽減されます。
毛が濃いVラインは低刺激のクリームなどで保湿することで痛みを和らげることができます。

 

肌トラブルの予防

脱毛後のボツボツとした赤い跡はしばらく経つと落ち着いて消えていきますが、人によっては炎症が悪化したり化膿してしまう人もいます。

乾燥による粉吹きや肌のゴワつき、色素沈着も日常的な保湿ケアをすることでトラブルの予防をすることができます。
保湿によって、肌のバリア機能を高めるだけでなく、修復機能やターンオーバーが正常に働き、色素沈着やごわつきのないクリアな肌に導きます。

 

肌質の向上

肌に水分を保つことで肌表面を紫外線や細菌から守ります。
肌本来が持つバリア機能の維持とターンオーバーの促進にも役立ち、それによって肌のキメやハリ、透明感が向上するので美しい肌になります。
また良い肌質は良い発毛環境を促すため、埋没毛や毛穴のたるみ、皮脂トラブルにも効果的です。

 

脱毛部位ごとのアフターケア方法


腕の保湿

顔の肌は体の肌と違って皮膚がうすく、皮脂腺が集中しているためトラブルが起きやすい部位です。
さらに紫外線の影響を受けやすいため、脱毛後のケアは入念に行う必要があります。
まずは洗顔、低刺激で洗浄力が強すぎないものを選びましょう。

洗顔の際は泡立てネットなどでキメの細かい泡を作り、肌をこすりすぎないように優しく洗います。

ピーリングは肌への負担が大きいので脱毛期間中は控えるようにしましょう。

洗顔後のケアは化粧水や美容液でしっかりと潤わせた後に、オイルや乳液クリームで潤いを逃さないように蓋をします。
この時に使う化粧水やクリームなどは低刺激で保湿力が高いものを選ぶのがオススメです。

 

ボディ

ボディケアも保湿重視で。体の肌は衣服に守られて紫外線の影響を受けにくいかわりに、衣服との摩擦や乾燥が目立ちます。

脱毛後はさらに乾燥が激しくなるので、保湿ジェルやローションで整えたあとにクリームをたっぷり多めに塗りましょう。
抑毛効果のあるジェルを使えば保湿をしながらも脱毛効果を維持できます。

 

VIO

デリケートゾーンは脱毛後のケアが非常に重要です。

不衛生になりやすい部位であると同時に痛みや炎症が起きやすい場所でもあります。
脱毛後に洗う際はいつもよりぬるめのシャワーで、湯船には浸からないようにして下さい。
拭くときもタオルでこすらずに、ポンポンと水分を吸うようにしましょう。

保湿ケアは柔らかいテクスチャのジェルやローション、クリームで低刺激なものやアルコールフリーのものがおすすめ。

施術日だけでなく、日頃から保湿ケアをすることで脱毛時の痛みがかなり和らぐので、こまめな保湿を心掛けましょう。

 

脱毛後のアフターケアは、お肌の状態をより良くするという意味でも脱毛効果を上げるという意味でも非常に重要です。
しっかりと保湿をして、トラブル知らずの脱毛ライフを送りましょう!

アフターケアに関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー