メニュー

脱毛後のムダ毛処理は?生えかけの自己処理はどうすればいいの?

悩む女性

サロンで光脱毛を行ったとき、気になるのが施術後のムダ毛の自己処理です。そこで今回は、脱毛後のムダ毛の自己処理について解説します。

サロンでの脱毛後、ムダ毛の自己処理はどうする?

一般に光脱毛でムダ毛が抜け始めるのは、個人差もありますが【施術後1週間から10日間程】。その間の自己処理に迷っている方も多いのではないでしょうか? はじめに、サロン施術直後や次回の脱毛予約日までの、自宅での自己処理するポイントについて説明します。

 

脱毛後は自己処理をせず、自然に抜けるまで待つべき?

サロンでの脱毛施術後は、毛を成長させる毛根の細胞がダメージを受けている状態です。もともと脱毛施術前にはシェービングでムダ毛を短めにすることが多いですが、施術後にダメージを受けている毛穴のムダ毛が新たに成長することはほとんどないか、あってもほんの少しだけです。生え欠けの毛が気になる場合は、でシェービングしましょう。 ただし注意したいのが、脱毛を受けた部位でムダ毛が成長しているときです。この場合は、施術時に打ち漏れがあったり、脱毛効果を得られなかったという証拠。特に、一定のラインに沿ってムダ毛が長く成長している場合は打ち漏れの可能性が高いので、サロンに相談してみるとよいでしょう。

 

いつから自己処理していいの?

脱毛施術後でも必要となるのが、ムダ毛の自己処理です。次回の脱毛施術後までの2~3か月間、脱毛をした部位のムダ毛が抜け終わってからしばらくすると、毛周期により新たに体毛が再生するようになります。脱毛施術後に新しくムダ毛が生え変わってくる期間は、体の部位によっても違いはありますが、およそ施術後1か月から1か月半。 新しく生えてきたムダ毛が気になるようであれば、電気シェーバーなど肌に負担のかからない方法でムダ毛の自己処理するようにしましょう。なお、脱毛施術の回数を重ねると、ムダ毛の全体量も減ってくるので、ムダ毛の自己処理がぐっと楽になります。

毛抜きやワックスを使った自己処理はNG?

脱毛施術後のムダ毛の自宅ケアで気になるのが、自己処理の方法です。人によっては、仕上がりの美しさから毛抜きやワックスといった脱毛処理を行っている人もいるかもしれません。残念ながら、毛根から体毛を引き抜く方法である毛抜きやワックスを使用した自己処理は、脱毛期間中は行うことができません。 その理由は、「毛周期が不規則になるため」。体毛が新たに生えてきたり抜けたりするのは、毛周期といわれるサイクルによるものです。 一般に、体の表面に現れている体毛は全体のなかの30%程度で、脱毛効果が得られるのは、成長中の体毛のみであるため、全体の10~20%とさらに低くなります。サロンの光脱毛が2~3か月おきに施術するのは、体毛の毛周期に合わせて脱毛効果を得るためなのです。 ここで毛抜きやワックスといった脱毛を行うと、毛周期がバラバラになってしまうため、脱毛施術をすべて終了しても、思うような脱毛効果が得られなくなるので注意しましょう。 また、ムダ毛を無理矢理引っ張る毛抜きやワックスは、毛穴や肌にも負担をかけるので、あまりおすすめできません。

カミソリ・シェーバーで剃っても自然と毛は抜ける?

脱毛施術後の最もポピュラーな自宅ケアが、カミソリによる自己処理です。カミソリは自宅に1本はあるという人も多く、手軽にケアを行えることから、日常のムダ毛の自己処理に使用している方も多いのではないでしょうか。 ただ、カミソリによる自己処理は、肌の角質まで削ぎ落してしまうというデメリットがあります。必要以上に角質を失った肌は、乾燥しやすくなったり、色素沈着が起こりやすくなるなど、脱毛効果にも影響を与えます。 脱毛施術後の自己処理でおすすめなのが、電気シェーバーによる自己処理です。多くのサロンでも利用しているように、電気シェーバーは肌に直悦刃が当たらないので肌への負担もぐっと低くなります。これまでカミソリでムダ毛の自己処理を行っていた方は、電気シェーバーに切り替えるとよいでしょう。

脱毛後の自己処理で気を付けるべきポイント

悩む女性

脱毛後の肌はふだんよりもデリケートな状態です。脱毛施術後にムダ毛の自己処理を行う場合は、清潔な肌で行うようにしましょう。ただし、入浴中や入浴直後など、肌がふやけている状態で行うと、肌のダメージが増したり、ばい菌による感染を引き起こす可能性もあるので、避けた方が無難です! また、ムダ毛の自己処理を行った後は、アフターケアも大切です。自己処理後は乳液やクリームなどで肌をたっぷり保湿してあげましょう。ムダ毛の自己処理後の保湿は、肌を守るだけでなく、脱毛効果を上げるというメリットがあります。

肌が乾燥している状態では、皮膚の細胞間がきっちりと並んでいない状態であるため、光脱毛のエネルギーが届きにくくなることがあります。毎日のケアのなかで、上手に自己処理をしながら、きれいで健康なお肌を保っていきたいですね!

アフターケアに関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー