メニュー

脱毛は痛い?痛くない?脱毛の痛みについて徹底調査!

脱毛を受ける

これから脱毛を始めようと考えている方のなかには、脱毛の「痛み」について心配な方も多いのではないでしょうか?痛みの感じ方は人それぞれですが、脱毛の方法や脱毛する部位によっては、施術により痛みを感じることがあります。そこで今回は、脱毛の痛みについて解説します。

脱毛で痛みを感じるのはなぜ?脱毛が痛い理由

光やレーザー脱毛、ワックス脱毛など、脱毛の方法にはさまざまなものがありますが、どの方法も脱毛時に痛みを生じるものです。これは、脱毛そのものが毛根の細胞にダメージを与えていたり、肌を引っ張るなど刺激を与えるために生じます。

脱毛で痛みを感じやすい人、感じにくい人の特徴

脱毛時の痛みの感じ方は、肌や毛質の状態によって1人ひとり異なるものです。ここでは、痛みを感じやすい方とそうでない方の特徴を説明します。

 

痛みを感じやすい人の特徴

脱毛時において痛みを感じやすい方は、「敏感肌など肌が弱い方」や、「ムダ毛の濃い方」です。また、そうでない場合でも、ストレスや恐怖心が強いと脱毛時の痛みを感じやすくなる特徴があります。

 

痛みを感じにくい人の特徴

逆に脱毛時の痛みを感じにくい方は、ムダ毛そのものが薄い傾向にあります。また、そのほかにも痛みの経験があったり、痛みがあっても、何かほかのこと考えて気を紛らわせる方は、痛みを感じにくいという特徴があります。

【部位別】脱毛時に痛みを感じやすい部位、感じにくい部位

部位によっても、痛みを感じやすい部位とそうでない部位があります。痛みの有無から脱毛部位について紹介します。

 

痛みを感じやすい部位

光やレーザー脱毛で痛みを最も感じやすいのが、ワキなど太くて濃いムダ毛が生えている部位です。女性でも人によっては、足のスネ毛が濃く、痛みを強く感じることもあるでしょう。太くと濃い毛では、それだけ光やレーザー脱毛による熱エネルギーを吸収しやすくなるので、それだけ痛みは増す傾向にあります。

 

痛みを感じにくい部位

光やレーザー脱毛で痛みを感じにくい部位はあるのでしょうか?それは、腕や顔の産毛などムダ毛が細く薄い場所。ただ、脱毛は毛のメラニン色素が濃いほど効果を得ることができるので、これらの部位では脱毛効果が得られにくい...という特徴もあります。

 

「VIO脱毛は特に痛みを感じやすい」って本当?

光やレーザー脱毛のなかでも特に痛みを感じやすい部位が、濃く太いムダ毛が密集しているVIOです。また、VIOはショーツなど下着が擦れるため、色素沈着があることも痛みが増す原因となります。 サロンではなるべく痛くないように処置を行いますので、リラックスして施術を受けていただければと思います。また、痛みに弱い!という方は事前にスタッフに伝えておくのも手ですね。

【方法別】脱毛の方法で痛みの強さに違いはある?

脱毛時の痛みは、脱毛方式によってもそれぞれ異なります。ここでは脱毛方法別の痛みの特徴について紹介します。

 

光脱毛の痛み

毛根の細胞にダメージを与えて脱毛効果を得る光脱毛の痛みでよく言われるのが「輪ゴムを弾いたような痛み」です。光脱毛ではフラッシュごとに毛穴を中心に、パチンパチンとした痛みを感じます。

 

針脱毛(ニードル脱毛)の痛み

針脱毛は毛根の細胞に電気を流すために、1本1本の毛穴に絶縁針と呼ばれる針を刺します。針脱毛の痛みは、まさに肌に針を刺す痛みと同じもの。針脱毛の脱毛効果は抜群ですが、あまりの痛さに施術を断念してしまう人も少なくありません...。

 

レーザー脱毛の痛み

光脱毛より出力を高めた脱毛方法であるレーザー脱毛。光脱毛よりも高い脱毛効果を誇るレーザー脱毛は、痛みも増す傾向にあります。レーザー脱毛による痛みも「輪ゴムで弾かれたような痛み」と表現されることもありますが、人によっては「剣山でザクザク刺されているような痛み」「肌の上で揚げ物をしているような痛み」などと感じる人もいるようです。

また。最近では、バルジ領域と呼ばれる体毛に栄養を与える部位を破壊する蓄熱式のレーザー脱毛もあります。蓄熱式のレーザー脱毛では従来のレーザー脱毛よりも痛みが少なく、毛穴中心にぽわっとした温かさを感じる程度です。

 

ワックス脱毛の痛み

肌にワックスを塗って、一気に剥がすワックス脱毛では、一度に毛を引き抜くだけでなく、肌も引っ張られるため、ダブルで痛みを生じます。

 

毛抜き・電動脱毛器の痛み

1本ずつ処理をする毛抜きやまとめて毛を抜く電動脱毛器では、毛を無理矢理引き抜くため、痛みを感じます。毛抜きの痛み程度なら慣れてしまうという人も多くいます。

 

脱毛時・脱毛後の痛みを和らげるには?無痛の方法はある?

脱毛を受ける

毛根や肌にダメージを与える脱毛ですが、次の脱毛方法では以下の方法で痛みを和らげることができます。

 

光脱毛の場合

多くのサロンが光脱毛の前に冷却ジェルを塗ってくれるので、痛みを和らげる効果を期待できます。痛みを我慢できない場合は、出力レベルを落としてもらうこともできますが、脱毛効果が下がる可能性があります。

 

レーザー脱毛の場合

レーザー脱毛でも、多くのクリニックで施術前に冷却ジェルを脱毛部位に塗ります。また、最近の医療脱毛機ではワンショットごとに冷却スプレーを噴射するタイプもあります。また、医療機関で行われるレーザー脱毛では、別途費用はかかりますが麻酔クリームを使用することもできます。 それでも、痛みを我慢できない場合は、レーザー脱毛でも出力レベルを下げてもらうことはできますが、脱毛効果が弱まる可能性があります。レーザー脱毛の痛みが苦手という人は、蓄熱式のレーザー脱毛を扱っているクリニックを探してみるのもよいでしょう。

 

ワックス脱毛の場合

ムダ毛を一気に剥がすワックス脱毛では、ムダ毛が伸びきっている状態よりも、短く揃っている方が、肌の密着面積は小さくなるので、痛みを抑えることができます。ワックスを剥がすときも、毛の流れに沿うようにゆっくり剥がすと、痛みを小さくすることができます。

毛抜きで脱毛する場合

毛抜きで脱毛する場合も、伸びきった毛を抜くよりも、少し短めの毛を抜く方が、根本から抜きやすくなるので、痛みを小さくすることができます。毛抜きを使用する場合は、ワックス脱毛と同様に毛の流れに沿って、処理を行うようにしましょう。

脱毛まめ知識に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー