メニュー

薬服用中のサロン脱毛はNG?常備薬や服用中の薬がある場合は?

薬服用

薬を服用してのサロン脱毛は危険?その理由

脱毛サロンにいくと、必ず聞かれることがあります。
それは、「現在、何かお薬を飲んでいませんか?」という質問。
また「薬服用中の方はお断りする可能性があります」というような注意書きをみたことがあるかもしれません。

 

でも一見脱毛と服薬って直接的に関係がなさそうですよね。
なぜ、薬を服用していると脱毛を断られる可能性があるんでしょうか?

 

肌に赤みが出たり、炎症になってしまう場合がある

薬の種類によっては医療レーザーや光脱毛の光に敏感に反応してしまい、赤みが出るだけでなく皮膚炎を引き起こす恐れがあります。
これを「光線過敏症」といいます。
また、薬との相性やその時の体調によって施術後の状態が左右される可能性があるので、注意しましょう。

 

体調が悪くなる可能性がある

薬を飲んでいるということから、体調が悪いのではないかと判断されることもあります。
常備薬やサプリの場合もあると思いますが、基本は健康な状態で施術を受けるようにしましょう。もちろん、健康な状態でも服用しなければいけない薬であることを説明すれば問題ないケースもあります。
必ずカウンセリングの際に相談しましょう。

 

以上が主な理由です。医師の診断のもと服薬可能なものもありますが、何よりも健康を害したり、脱毛効果が薄れる可能性があります。

 

「光線過敏症」とは?

皮膚が光に対して過敏になる病気を「光線過敏症」 といいます。
普段ならなんともない光でも、皮膚に当たるとかゆみや腫れ、水ぶくれが生じてしまう病気です。

 

この「光線過敏症」は薬の副作用によって光に過敏になることによって起こることがあります。
薬の副作用による光線過敏症のことを「薬剤性光線過敏症」と呼びます。私達が知らないだけで「光線過敏症」の副作用をもつ薬はかなり多く、知らないうちに使っている可能性も高いのです。

 

病院、市販薬、ピル、漢方...どんな薬がNG?

基本的にお手入れ前後の服薬はNGとされています。
ですが、例えば花粉症や便秘の薬程度なら問題ないのでしょうか?それともこうした市販薬も注意したほうがよいのでしょうか?
ここでは、服用していると施術が受けられない薬について解説します。

 

一般的に、どのサロンでも施術が難しいのが

 

  • 抗不安薬
  • 抗生物質
  • 経口抗真菌薬
などです。こういった薬は光線過敏症の副作用があるため、そもそも医師からの許可が下りないケースが多いのです。

 

また、これに当てはまらないような薬でも自己判断せず、病院から処方された薬の場合は医師とサロンに相談しましょう。
市販薬の場合も処置前に時間を空ける必要があります。

 

他にも、サロンによりますが、低用量のピルに関しては服用可能としているところもあります。

 

一番危険なのが、施術中の痛みを和らげるために自己判断で痛み止めを服用してしまうことです。
痛み自体は軽減されるかもしれませんが、やむをえない場合はサロンスタッフやかかりつけの医師に必ず相談しましょう。

 

脱毛ラボでは、いずれのお薬の場合も、当日服用されているお客様の施術をお断りさせていただいております。
風邪薬や花粉症の薬も、当日服用されている場合は施術をお受けいただくことができません。
市販薬は施術当日のみ服用を控えていただければ問題ございませんが、処方薬は3日間服用を控えていただいております。
予約前のご確認をお願いいたします!

 

服用するなら前後何時間?サロン脱毛前後に薬を飲む場合の注意

薬服用 脱毛の前後、どれくらいの感覚をあければ服用可能なのか気になるところですよね。
これに関しては、サロンによって様々です。

 

施術前6時間の服用は絶対NGというところもあれば、服用後24時間NG、さらに服用後48時間NGなんてサロンもあります。
逆に当日だけ服用しなければOKというサロンもあります。 服薬する薬・用途・症状によってことなりますので、サロンで相談したあとに医師や薬剤師に相談してみると良いでしょう。

 

脱毛ラボの場合は、当日お薬を服用されている場合は施術をお断りしております。
空ける期間はお薬の種類にもよりますが、基本的には市販薬は施術当日のみ服用を控えていただければ問題ありません。
処方薬の場合は、3日間ほど服用を控えていただいておりますが、詳しくはかかり付けのお医者様に確認いただくことをおすすめします。

 

常備薬がある場合はどうすればいいの?

女性の場合、常備薬がある方も多いですよね。
普段から服用していて何の問題もない常備薬であっても、脱毛施術に影響を及ぼしてしまうことがあります。
ちょっと熱っぽいときに飲む風邪薬も、生理痛や偏頭痛用の鎮痛剤も「いつも飲んでいるから大丈夫」 という自己判断は危険です!

 

安心、安全な脱毛のため、カウンセリングの際に服用中の薬や常備薬について伝えておくようにしましょう。
サロンのスタッフは脱毛に関してはプロですが医療資格を持っていない場合がほとんどです。
薬の名称だけでは判断できない場合もあるので、お薬手帳を持っていくといいかもしれませんね。

 

 

【まとめ】

服用している薬や常備薬がある方は、必ずカウンセリングの際に相談しましょう。
施術当日や前日に薬を服用しなければならない状態になったら、まずサロンに電話して予約を変更するのがベストです。
自己判断での服薬は危険ですよ!
ピルなど服薬可能なものもありますが、脱毛に影響があることが多いので、体調を整え、服薬が終了してからにしましょう。

悩みとトラブルに関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー