メニュー

ほくろがある場所って脱毛できるの?脱毛に影響は?

ほくろを指さす女性

脱毛はほくろがある場所でもできる?

脱毛のしくみとほくろの関係

サロンでの脱毛は、肌の黒い部分に反応させて行う場合があることをご存知でしょうか。
肌の黒いメラニン色素に反応して脱毛するということを聞いたことがある人は、脱毛をしたい箇所にほくろがあると、「ほくろがあっても脱毛できるかな?」と不安になってしまうかもしれません。

 

ひとくちに脱毛と言っても、その方法はさまざま。
脱毛はクリニックで行われるレーザー脱毛、サロンで主に行われる光脱毛、クリニックとサロンで行われるニードル脱毛などが主流で、現在サロンで行われる脱毛の主流は、光脱毛です。
レーザー脱毛も光脱毛も、前述したように、黒いメラニン色素に反応する光を照射し、毛根にはたらきかけて脱毛するという仕組みです。

 

メラニン色素に反応すると熱エネルギーに変わる光は、ほくろにも反応してしまいます。
ですので、ほくろがある場所をレーザー脱毛や光脱毛する際は注意しなければなりません。ほくろが多い人は、脱毛をする際に、正しい知識を身につけておくようにしましょう。

 

ほくろがある場所は脱毛できない?したらどうなるの?

レーザー脱毛も光脱毛も、照射する光はメラニン色素に反応します。
具体的には、ほくろにメラニン色素が含まれているため、光は、そのメラニン色素に反応してしまい、熱を発してしまいます。
そうなると、ほくろの部分がやけどをしてしまう危険性もあるのです。とはいえ、クリニックやサロンは脱毛のプロですので、ほくろ自体に光を当てることはほぼないといっていいでしょう。

 

ほくろから生える毛はどう処理する?

以上の理由から、ほくろから生える毛に対しては、残念ながら光脱毛やレーザー脱毛で処理ができません。
そのため、自己処理か、ニードル脱毛で対応するしかないでしょう。

 

ただ、ニードル脱毛は、ひとつひとつの毛穴に電流を流し、毛根の発毛に関する細胞を破壊して脱毛するので、大変な痛みを伴い、施術の回数も多いのが特徴です。
ニードル脱毛の際も、毛根の細胞にダメージを与えることは変わらないので、こうした施術を受ける際はほくろについてスタッフに相談した上で決めましょう。

 


また、自己処理の場合は、意外と思われるかもしれませんが「抜かない」でください。メラノサイトが凝集されているほくろはとてもデリケートです。
ほくろに見えているものも、医師の診断によっては違うものと判明されるケースもあります。

 

ほくろはデリケートなので、ほくろに生えている毛をむやみに何度も抜いて刺激を与えるのは良くありません。
炎症を起こす場合もあり、皮膚に対してリスクになります。自己処理する場合は、小さなはさみで切ることをおすすめします。

 

ほくろがある場所でも脱毛したい!その場合は?

クリニックで行われるレーザー脱毛も、サロンで行われる光脱毛も、メラニンが集まっているほくろに対しては、光を照射することができないため、施術の際は、ほくろにシールを貼って保護しながら光を当てるか、ほくろの部分を避けて光を当てます。

 

また、ほくろ以外にも、濃いシミや日焼けした皮膚には、やけどの可能性があるために、光を照射できない場合があります。

 

脱毛のプロであるスタッフは、さまざまなケースの施術を行っているため、その人に合った脱毛をします。
ほくろがある場合、シールで貼って施術しますが、一か所にほくろが集まっている場合など、不安に思う方は、スタッフに相談した上で、脱毛の施術を受けましょう。

 

ほくろがあっても大丈夫!脱毛サロンできれいになろう!

ほくろの写真

脱毛サロンで行われる光脱毛は、クリニックで行われるレーザー脱毛より出力の弱い光を当てるので、肌への刺激は少なく痛みがあまりないのが特徴です。
また、脱毛の前に塗るジェルに美容成分が含まれている光脱毛「S.S.C.【スムース・スキン・コントロール】」は、光をジェルに照射した際に、お肌に美容成分が浸透するので、脱毛と美肌効果を同時に叶えてくれます。

 

脱毛とほくろについて説明してきましたが、結論として、ほくろがある場合もシールを貼るなどの対応ができ、安全性を保ちながら施術をするので、サロンやクリニックで脱毛する場合はあまり神経質にならなくても大丈夫です。
ほくろのまわりの毛もほくろを避けて照射することができるので、効率的にきれいに脱毛できます。
つるすべ素肌を目指す人は、脱毛と美肌を同時に叶えられるような光脱毛をおすすめします。

悩みとトラブル