メニュー

I・Oライン脱毛の範囲は?どんなメリットがある?


女性のI・Oライン

皆さん、こんにちは。脱毛ラボ 脱毛士の佐藤です。

今回は、IラインとOラインの形についてお話しをしたいと思います。

 

Iライン、Oラインの範囲は?

まずは、どの範囲のことを示すのかというと...IラインはVラインの奥の部分です。ちなみに脱毛ラボでは、太ももを揃えて正面から見える範囲がVライン、正面からは見えない範囲がIライン、そして肛門周辺がOラインとしています。

Vラインは、自分でも正面から見て、ショーツからはみ出てるなあ...と気になってしまう箇所ですよね。IOラインも毛の太さや長さも気になりますが、こちらは全部無くしてしまっていいものなのかなぁと、ちょっと悩ましいところではありますよね。自分自身のIラインをまじまじ見る機会なんて、なかなかありませんし、ましてや他の人のIラインをじっくり見ることなんて、まずありませんから...

 

Iライン、Oラインは脱毛すべき?メリットは?

では、脱毛ラボに通われているお客様はどうされているのでしょう?

 

結論から言いますと、ずばりIライン、Oラインはすべて脱毛するのがおすすめ!

脱毛ラボに通われているお客様の、じつに98%が脱毛されているんですよ! すべて処理するのをおススメする理由は、その快適さ! こちらは、以前のVIO脱毛のメリットでもお伝えしましたが、肌ケアの面から見ても、気持ちの面から見てもメリットがたくさんあるんです。

 

Iラインは、生理中のナプキンが触れる部分ですから、血液で蒸れたり、臭いが気になります。Iライン周辺の毛がなくなれば、そういった不快感もなくなりますよ!

 

Oラインの場合は、衛生的なことはもちろんですが、Tバックのショーツを履いても、アンダーヘアがはみ出すことはありません。ワンピースや細身のパンツスタイルの際に、アウターにひびかないTバックショーツは重宝しますよね。下着も含めて心置きなく、おしゃれを楽しめるなんて最高ですね!

 

ライン、Oラインの自己処理は危険?デメリットとは

IラインやOラインのムダ毛が気になる方の中には、自宅でムダ毛のケアをしようと考えている方もいるかもしれません。ただIラインとOラインのケアは、いくつかのデメリットがあります。
1つは、自己処理が難しいこと。範囲のせまいIラインとOラインですが、カーブなどの起伏がありその形は複雑です。また、Iラインは粘膜である陰部、Oラインは肛門付近にあるため、目できちんと確認できないことから、誤ってほかの部位を傷つけてしまうことも。
もう1つのデメリットとして挙げられるのが、自己処理ではキレイに仕上げることが難しいことです。デリケートゾーンの毛は濃い傾向にあるので、カミソリなどで剃った場合、下着から短い毛が突き出てしまうことがほとんど。またデリケートゾーンの肌は敏感であるため、自己処理により黒ずみができてしまうことがあります。

I・Oライン脱毛の流れ

はじめての方が特に緊張しやすいのがデリケートゾーンの脱毛です。Iライン、Oラインの脱毛は以下のような流れで行われます。


  1. 1.サロンで専用のショーツに着替えます。
  2. 2.仰向けでM字型に脚を開き、照射部位を確認しながらシェービング(前日に自分でシェービングする場合でも、剃り残しがあれば、サロン側で剃ってくれる場合もあります)。
  3. 3.Iラインにジェルを塗布して、脱毛の照射開始。痛み具合をみながら照射するので、5~10分、長くても15~20分でIラインの脱毛は終了。
  4. 4.仰向けになって脚を開き、ショーツをTバックのようにして、シェービング(Iラインと同様に、サロンによっては剃り残しのケアをしてくれるところも)。
  5. 5.うつぶせになり、ショーツをTバックのようによせて、Oラインにジェルを塗布します。
  6. 6.ジェルが塗り終わったら照射の開始。Oラインは範囲が狭いので脱毛は5分程度で終了します。
  7. 7.脱毛部位に肌をクーリングするためのジェルを塗って施術は終了です。

VIOセットの脱毛のほうがお得な理由

VIO脱毛のありがちな失敗としては、Vラインのみ脱毛していて、途中でIラインやOラインもやっておけば良かった~と、途中でIラインやOラインのプランを追加すること。

はじめはVラインの範囲が小さくなればいいや、くらいに思っていても、Vラインの毛が薄くなっていくと、今度はI・Oラインの太い毛も気になってくるものなのです。途中でI・Oラインを脱毛し始めると、Vラインが終わった後も、通う期間が必要になってしまうんです。一緒に脱毛をスタートしていれば、本来は通う必要が無かったわけですから、なんだか損した気分になってしまいますよね。

 

I・Oライン脱毛の施術中の体勢は恥ずかしい?

デリケートゾーンの脱毛を考えている方のなかには、施術時の体勢が恥ずかしい...と感じている女性も多いでしょう。しっかり照射するためには、Iラインでは股を開いた体勢、Oラインではうつぶせで少しヒップを突き出すような体勢を取る必要があります。
とはいえ脱毛のプロであるスタッフは、多くの女性のデリケートゾーンの脱毛施術をして慣れているため、特に意識する必要はありません!リラックスして施術を受けていただければと思います。

男性目線ではI・Oライン脱毛ってどう?

IラインやOラインの脱毛をするとき、やっぱり気になってしまうのが男性の意見です。衛生面でもメリットがあるIラインやOラインの脱毛ですが、男性によって見方はさまざま。 自然な状態が興奮するという男性もまれにいますが、多くの男性がOラインはツルツルがいいという意見のようです。また、Iラインにまったく毛がないとちょっと...という意見もあるようですが、こちらも好みはそれぞれ。IラインやOラインの脱毛を考えている方で、男性の意見が気になる人は、実際にパートナーに相談してみるのもよいでしょう。もし、男性がIラインの完全脱毛を希望していない場合は、次のような方法もおすすめです。


・最初の数回は全照射して、全体の毛量を減らす。

・ショーツからはみ出る部分のみ、または+1㎝の部分を照射する。

・毎回の施術で脱毛範囲を小さくしていき、Oラインにかけてグラデーションを作る。


Iライン、Oライン脱毛の口コミ・感想

ちょっと人には相談しづらいデリケートゾーンの脱毛。ここでは、実際にIラインやOラインの脱毛をした人の口コミを紹介します。

 

女なのに、お尻周りにムダ毛がボーボーだった私。彼氏とデートの時は、事前にしっかり処理をしていましたが、突然彼が部屋に来た時に、お尻のムダ毛にかなりびっくりされたことがトラウマでした。思い切ってハイジニーナでOラインの脱毛をしたけど、結果は大満足!いつ彼が来ても安心です。(20代前半女性)

 

デリケートゾーンのムダ毛が多くて、生理のときのムレに悩んでいました。Vラインの脱毛をしたときに、スタッフさんに勧められてIラインの脱毛をスタート。まだツルツルにはなっていないけど、ニオイやムレがなくなり快適です。(30代女性)

脱毛ラボの全身プランで、VIOすべてキレイに!

腰に手をおく女性

でも、脱毛ラボのホームページをご覧の皆さん、ご安心ください!

他の脱毛サロンによっては、VラインとIラインがセットになっていないところもありますが、(Vラインもパーツ別に購入するとV上、Vサイドで分かれていて、無くしたい部分が入っていなかった...なんてことも!)脱毛ラボの全身プランでは、VIO脱毛がすべてセットになって付いています。脱毛ラボでは9割の方が全身脱毛で通われているんですよ!途中で、IラインやOラインも脱毛しておけば良かった...なんて失敗が無いので安心です。

 

せっかく脱毛するなら、もう気にしなくていいくらいまで、しっかりアンダーヘアをキレイにしてしまいましょう!

VIO脱毛