メニュー

実はみんな気にしてる「Vラインの長さ」、人気とおすすめは?

Vラインの長さ

Vラインはどれくらいの長さが理想? 形は?

Vラインとは、デリケートゾーンの両サイド、両足の付け根あたりのことです。
Vラインは、Iライン(陰部の両側)やOライン(ヒップ奥)に比べ、自分でお手入れしやすい部位です。

「なんとなく処理はしているけど、イマイチ正解がわからない」という方も多いVラインの理想の長さ。
処理しながらも、「この長さで良いのかなぁ?」 と悩んだことがある人も多いはず。
ここでは、悩みの多いVラインの「長さ」と「デザイン」について、人気とおすすめの例を紹介します。

 

伸ばしっぱなしでこんな失敗も...Vラインの処理が必要なワケ

そもそも、なぜVラインの処理が必要なのでしょうか?
人目にはつかない部位ですが、処理したほうがいい理由がありました。

 

水着や下着の「はみ出し」を防止する

Vラインの毛が長いと、海やプールで水着を着たときに少し動いただけでもはみ出てしまうことがあります。
女性同士ならまだしも、男性と一緒にいるときに指摘されたら恥ずかしいですよね。
ムダ毛を処理していないと、せっかくかわいい水着を着ていても台無しですし、「はみ出し」が気になって思う存分遊べないのももったいないです。

 

通気性をよくしてムレやニオイを防いで衛生的に

アンダーヘアを処理すると通気性がよくなって、ムレやニオイが軽減します。
毛は汗や体液を吸着してしまうので、長さや量があるほどムレやニオイは気になります。デリケートゾーンのムレは、雑菌の増殖によってニオイだけではなくかゆみなどの肌トラブルの原因にもなります。

 

とくに夏は蒸れやすく、肌トラブルに悩まされる人も多いです。生理中は経血が毛に付着し衛生的にも悪く、独特のニオイを放ちます。
不快感も増すので、アンダーヘアはこまめに処理したほうがいいのです。

 

見た目がよくなる

アンダーヘアの量が多い、剛毛だという人は、お手入れをすることで見た目がよくなります。
アンダーヘアは縮れているので、伸ばしっぱなしにするとボサボサに見えてしまいます。 デリケートゾーンにコンプレックスのある人は、お手入れをするだけで彼とのスキンシップにも積極的になれるかもしれません。

 

アンダーヘア(Vライン)が伸びる速度は?毛周期は?

一般的に、人間の頭髪は1日に0.3mm伸びるといわれています。これに対して、アンダーヘアは1日0.2mmほどしか伸びません。
伸びる速度は髪の毛よりも遅いですが、定期的にカットしてあげないとムレやニオイの原因となります。

 

毛の寿命に関しては頭髪が4~6年なのに対し、アンダーヘアは1~2年です。頭髪のように長く垂れ下がっていないため、毛周期のサイクルは短めです。

 

Vラインの長さとデザイン、人気なのは?

Vラインの脱毛をすると決めたら、次に気になるのはVラインのデザインや長さをどうするか。脱毛するにあたって、人気のデザインや長さを知っておきたいですよね。

 

Vラインの人気の長さ

Vラインの人気の長さは2~3cmといわれています。
「2~3cmは短いんじゃないか」 と思う方もいるかもしれませんが、この長さだとムレなどが防げて衛生的にもいいですし、少し残すことで隠したい部分はしっかり隠すことができます。
衛生的にも見た目的にも、ちょうどいい長さといえるでしょう。

 

ちなみに、正面から見える部分をVライン、正面から見えない部分をIラインといいます。
Iラインの場合、完全に脱毛してしまうか5mm程度で切りそろえるのがオーソドックスです。
毛量が多い方だと生理の際に経血がついてしまったり、ムレたりニオイが出やすくなります。5mm はセルフ処理だと難しい長さなので、プロに頼りましょう。

 

他にも、肛門周辺の部分のアンダーヘアのことをOラインといいます。
このOラインの毛を処理することでムレやかゆみ、ニオイが気にならないようになります。こちらは数センチ残すというよりも、完全に処理してしまう方が多いです。

 

ハイジニーナ(無毛)ってどう?

ハイジニーナは毛をすべて剃ったツルツルの状態です。
毛がまったくないので通気性に優れており、ムレやニオイも気にならなくなります。とくに生理中のニオイやかゆみに悩まされている人にとっては快適です。
水着や下着は、どんなデザインでも毛がはみ出す心配をすることなく、着こなせるようになります。

 

ハイジニーナについてはこちらも併せてご覧ください。
VIO(ハイジニーナ)脱毛とは

 

男性ウケするのはどのくらいの長さ?

男性ウケのいいVラインの長さは3cmといわれています。女性のアンダーヘアの長さは個人差がありますが、平均3~4cmほどです。
1cmほどカットすれば理想の長さになるので、ぜひ整えておきましょう。
逆にアンダーヘアが長すぎたり、量が多すぎたりすると、男性に引かれてしまうかもしれません。清潔感を与えるためにも定期的に長さを調整してください。

 

Vラインの人気のデザイン

Vラインのデザイン、つまり形をどうするかというのは、Vライン脱毛をする際に誰もが通る悩みどころ。
Vラインには大きく分けて10種類ものデザインがありますが、サロン脱毛で人気のデザインは逆三角形・Iライン型・たまご型・ハイジ二―ナ型の4つになります。

 

逆三角形

1番ナチュラルな形です。処理している感じがなく、自然な仕上がりなのでアンダーヘアのお手入れが初めてという方でもチャレンジしやすいです。長さは2~3cmが理想です。

 

Iライン型

セクシーな下着を好む女性におすすめなのがこのIライン型。特徴として逆三角形の上の部分が細くなっていて、下着からのアンダーヘアのはみ出しを防ぎます。
Iラインは短い毛の中に長い毛を残すとバランスがよく見えます。外側を1cm、内側を2~3cm くらいにするといいでしょう。

 

たまご型

その名の通り、たまごのような女性らしい丸みがあるデザインです。

 

ハイジニーナ型

元々海外で流行っていたデザインですが、最近は日本でも増えています。好みは分かれますが、衛生面では1番です。

 

この4つの中でも1番人気の形は逆三角形。アンダーヘアの形は好みが分かれますが、男性人気もこの逆三角形が最も高いようです。
初めてでどんなデザインにしたらいいか分からない!という方には、3cmの逆三角形がおすすめです。

 

自宅でできる自己処理方法とメリット・デメリット

自宅でVラインの自己処理をするときには、どのような方法が良いのでしょうか。
ここではそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

カミソリ

カミソリは、一度に広範囲の毛を処理することができるのがメリットです。
肌への刺激を低減させるため、シェービングクリームを塗って、毛の流れに沿って剃っていくと良いでしょう。
しかし、敏感なVラインの処理にカミソリを使用すると、人によってはカミソリ負けを起こしてしまったり、毛がチクチクしてしまい、不快感を感じる可能性もあります。
埋もれ毛や黒ずみの原因にもなるため、VIO処理にはあまり向いていないといえるでしょう。

 

脱毛クリーム、脱毛ワックス

脱毛クリームは、専用の薬剤を肌に塗り、化学反応によりムダ毛を溶かします。
一方、脱毛ワックスは肌にワックスを塗って、ムダ毛ごと剥がしとって除毛する方法です。
どちらも手軽に購入でき、簡単にお手入れできる点がメリットです。

しかし、敏感肌の方は薬剤によるかぶれや炎症を伴うこともあります。またワックスは一気に剥がし取るという性質上、肌にかなりのダメージを与えてしまうことも。 使用する際は口コミをよく見て、事前にパッチテストをしてから使用すると良いでしょう。

 

電気シェーバー

電気シェーバーは、肌に直接刃物や薬剤が触れないため、比較的肌へのダメージが少ないことがメリットです。
脱毛サロンでも、お手入れを受ける際の前処理としておすすめしています。
しかし、脱毛や除毛と違ってまた生えてくることになるので、お手入れの手間がいつまでもかかってしまいます。あくまで一時処理のために使うのがよいでしょう。

 

ヒートカッター

ヒートカッターのメリットは、ムダ毛を焼き切るのでムダ毛の先端が丸くなることです。そのため下着や水着から突き出てしまったり、肌に刺激を与える心配もありません。
また、熱線がコームに覆われており、肌に触れることはほとんどありません。

 

しかし、直接肌に振れないような設計になっており肌から距離がある反面、カミソリほどムダ毛を短くできないというデメリットがあります。
また、シェーバーやカミソリと同じく、毛が生えにくくなったり薄くなったりする効果はないため、お手入れが面倒くさい!という方は思い切って脱毛してしまったほうがストレスフリーかもしれません。

 

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器のメリットは、自宅で簡単に脱毛サロンのように脱毛が行えることです。Vラインのムダ毛を短くカットしてから、家庭用脱毛器で光を当てていく...という流れになります。

 

サロンに通わずに脱毛処理ができるということで大人気の家庭用脱毛器ですが、「サロンの人に任せて、自分に合った処理をお願いしたい」という方や「自分ではなかなかうまく当てられない背中などの部位も、プロの施術でしっかりきれいにしたい」という方は、サロンのほうがおすすめです。

 

自己処理よりも脱毛サロン?Vライン脱毛のススメ

Vラインの処理は、自己処理よりも脱毛サロンでの施術が適しています。その理由について、ご説明していきます。

 

Vラインの自己処理は危険?

デリケートゾーンは皮膚が薄く、性器にも近いのでカミソリや毛抜きでの自己処理は危険が伴います。カミソリは皮膚を切ってしまう恐れがあり、繰り返し剃ることで色素沈着や黒ずみにつながることもあります。生え始めはチクチクしてしまい、剛毛の人はヒゲが伸びたようになって見た目もイマイチです。

 

毛抜きでの処理は脚や腕よりも痛みを感じやすく、赤みや炎症を引き起こす可能性があります。埋没毛になると見た目も悪くなるのでおすすめしません。

 

自己処理は手軽にできるというメリットがありますが、かえって肌を傷つけてしまった...ということも起こり得ます。デリケートな部位なので、セルフでのお手入れは控えましょう。

 

脱毛サロンでVラインを美しく整えよう!

見た目の美しさ、という点でも脱毛サロンでのVライン処理がおすすめです。
施術からアフターケアまで丁寧に行ってくれるので、肌トラブルを気にすることなく任せられます。
形や毛量も希望通りに整えてくれるので、剛毛で悩んでいる人など、毛について悩みがある人はサロンスタッフに相談してみましょう。

 

デリケートゾーンを人に見せるなんて恥ずかしいと感じるかもしれませんが、プロのエステティシャンは多くの人のアンダーヘアを処理しています。脱毛に関しては専門家なので、友達よりも相談しやすいはずですよ。

 

長さの調整はハサミよりもヒートカッター

脱毛サロンでVラインを好みの形に整えたら、伸びてくる毛は自分で長さを調整しましょう。
ハサミで切ってしまうよりもヒートカッターを使うと先がチクチクしません。ヒートカッターは熱で毛を焼き切るアイテムです。
熱線部分は肌に触れることなく毛だけ処理できるようになっており、安全にお手入れできます。
ヒートカッターで毛を焼き切ると、ハサミと違って毛先が丸くなります。下着や水着から飛び出すことがなくなり、見た目がよくなります。

 

キレイを保つ!サロン脱毛とセットで行いたい日々のお手入れ

Vラインの長さ

施術当日は入浴を避け、ぬるめのシャワーで済ませましょう。
身体を洗うときは、ボディタオルやキメの荒いスポンジなどは避け、手で優しく洗いましょう。施術後は他の部位同様、激しい運動や飲酒は避けてください。万が一、火照ったり赤くなった場合は保冷剤や軟膏を使って冷やしましょう。
特にデリケートゾーンは、とにかく蒸れやすく汚れやすいです。
生理の際にナプキンやおりものシートを使う時は充分にムレに注意してください。清潔にすることがキレイを保つ秘訣です。

 

まとめ

Vラインやデリケートゾーンは常に人に見られるところではありませんが、衛生的にもキチンと処理して清潔に保つことが大切です。
処理を怠ると思いがけないタイミングで恥ずかしい思いをしてしまったり、かぶれやムレ、炎症の原因になるだけでなくニオイの原因にもなってしまいます。デリケートゾーンのセルフ処理は危険なだけでなく失敗して肌を傷つけてしまうこともあります。
悩んでいてもはじまりません!勇気を出してサロン脱毛に切り替えてセルフ処理のわずらわしさとオサラバしましょう!

VIO脱毛に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー