メニュー

全身脱毛にデメリットってあるの?脱毛を始める前に知っておこう!

クエスチョン

全身脱毛のデメリットはどんなものがあるの?

ワキなどの部分的な施術ではなく全身を一気に脱毛できるのが、全身脱毛のメリットです。しかし、全身を脱毛してきれいなツルすべ肌を手に入れたい人にとっては、あまり話題にあがらない「デメリット」に関しても気になるのではないでしょうか。

 

「全身脱毛のコースをサロンで契約したけれど、こんなはずじゃなかった...」と後悔したり、悩んだりしないように、契約する前に、しっかりと全身脱毛のデメリットを把握しておくことが大切です!

 

今回は、全身脱毛のデメリットを中心にご紹介していきます。

 

全身脱毛のデメリット

 

脱毛のための費用がかかる

まず、全身脱毛は、部分脱毛よりも費用がかかってしまいます。サロンごとに料金体系が異なりますが、全身脱毛6回の場合、10万円前後から20万円前後します。
ただし全身脱毛は6回では済まないので、おおよそその倍くらいはかかるとみていいでしょう。

 

1回に10万円以上も出て行くとなると、かなり経済的な負担がかかってきます。
一括で大金を払うとなると、勇気もいるのではないでしょうか。全身脱毛の最大のデメリットは、やはりこうした費用の高さといえます。

 

ただ、経済的な負担を考えて脱毛を躊躇している人や、最初に大きな金額を払うことに負担を感じる人は、月額制で料金を支払っていく脱毛サロンもあります。
こうしたプランや料金体系のサロンなら、払いやすい額を毎月払っていくことになるので安心です。
まずは、自分に合った料金プランを選ぶようにしましょう!

 

脱毛が完了するまでに時間がかかる

全身脱毛は、完了までに時間がかかります。
期間に関しては、クリニックのレーザー脱毛であれば1年くらいで全身脱毛が可能ですが、そうすると今度は費用がより高くなってしまいます。

 

サロンでの光脱毛の場合、ムダ毛の自己処理をしなくても大丈夫になるくらい全身がつるすべになるほど脱毛するには、一般的に12回ほどかかります。期間として、目安は2年くらいかかります。

 

2年と聞くと、すぐに脱毛したい人にとっては時間の面でデメリットを感じてしまうでしょう。
しかし、全身のお肌に必要以上に負荷をかけず、効果が発揮されるように着実に脱毛していくにはある程度の期間はかかるもの。期間が気になる場合は、口コミなどで効果や評判を確認しつつ、なるべく早く完了するプランやパックを探してみるのもよいかもしれません。

 

また、期間に関しては「予約がとりやすいか」によっても大きく左右されます。
少ない回数で脱毛が完了したり安い金額で全身脱毛ができるとうたうサロンの中には、脱毛を始めたけれど次の予約がなかなかとれない...!という落とし穴も存在します。予約のとりやすさについても要チェックです。

 

脱毛サロンやクリニックに何度も通う必要がある

全身脱毛が完了するまでサロンに通うのは当然といえば当然のことですが、数回通うだけでで全身脱毛したい!と最初に期待してしまい、全身脱毛完了までにかかる回数を聞いて驚く人もいます。

 

回数の目安としては、2ヶ月に1度の場合は1年で6回、2年で12回になります。自己処理のいらないツルすべ肌を目指すには、12回は通う計算になります。
全身を一度で施術する場合は、それくらいの回数ですみますが、1回の施術で全身をお手入れできない場合は、それ以上の回数を通うことになります。

 

忙しい人にとっては、何度も通う必要がある全身脱毛はデメリットになってしまうかもしれません。

 

ただ、「駅から近くて通いやすい」「夜遅くまで開いていて会社帰りに寄れる」など、通いやすいサロンなら、あまり負担に感じることもないでしょう。

また、最初に2ヶ月に1度のペースで計算しましたが、もっと短いスパンで通うことができるサロンもあります。
期間や回数が気になる場合は、どのくらいの間隔をあければ通えるのかをチェックしましょう。

 

日焼けや飲酒など、生活面に気を付けなければいけない

脱毛期間中は日焼けができず、一年中紫外線対策が必要です。
レーザー脱毛や光脱毛はメラニン色素の黒色に反応して毛を処理する仕組みなので、極端に日焼けした肌に照射することはできません。

 

日焼け肌に照射すると、色素沈着した部分にも反応してレーザーや光が分散し、脱毛効果が半減してしまいます。
肌質や日焼けの度合いによっては、照射時にやけどやかゆみ、赤みなどの肌トラブルが発生する可能性もあり、施術を断られることもあります。

 

日焼けによって脱毛施術をお休みしてしまうと、次の施術まで数週間から数か月期間が開いてしまい、脱毛終了まで時間がかかってしまうかもしれません。
小麦肌が好きな方も、脱毛期間中は日焼け止めや日傘、帽子などを使って紫外線対策をしましょう。

 

また、脱毛施術の前後は飲酒を控えなくてはいけません。お酒を飲むと血行が良くなり、照射時に痛みを感じやすくなるためです。
痛みが強い場合は照射レベルを下げることもできますが、脱毛効果が落ちてしまうのでおすすめできません。
脱毛後も、肌にはレーザーや光の熱がこもっており、飲酒して血行が良くなると痛みや赤み、かゆみなどの症状が出やすくなります。
脱毛前後は禁酒するなど生活面に気を付ける必要があります。

 

眉毛や顔回り、VIOは後から心変わりすることも

眉毛や顔周り、VIO脱毛は好みの形に整えることができます。しかし、後から「違う形が良かったかも...」と心変わりすることもあります。
例えば、眉毛は太眉や細眉などの太さ、アーチ眉や並行眉などの形は流行や年齢によって似合うものや好みが変わってしまいます。
除毛であればまた生やすことができますが、脱毛してしまうと元通りに戻すことが難しく、後悔する方もいます。

 

デリケートゾーンのVラインは、逆三角形やIライン型、たまご型、ハイジニーナなど様々な形にすることができます。
好みの形に整えても、「やっぱり違う形が良かった」「元に戻したい」と思うかもしれません。ハイジニーナは無毛状態なので、脱毛後に毛を少しだけ残したいと思っても難しいのです。
ワキや脚、腕などは毛をすべて脱毛しても心変わりすることは少ないと思いますが、眉毛や顔回り、VIO脱毛はよく考えてから施術を受けることをおすすめします。

 

方法や部位によっては痛みを感じることがある

脱毛の施術方法や部位によっては痛みが強くて我慢するのが大変だったり、痛みのせいで続けられなかったりする方もいます。

 

サロンやクリニックで受ける脱毛施術にはレーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛があります。レーザー脱毛は黒色に反応するレーザーを照射して毛根細胞を破壊する施術方法で、輪ゴムではじかれるような痛みがあります。

 

光脱毛はレーザーと同じく黒色に反応する光を照射します。レーザーより出力が落ちるので痛みも弱いですが、熱を帯びたような痛みを伴います。

 

一方、ニードル脱毛は針を毛穴に刺して電流を流して毛根細胞を破壊する施術方法です。
1本1本の毛穴に針を刺すのでレーザー脱毛や光脱毛よりも痛みが強く、我慢できずに続けられなくなったという方もいます。

 

また、脱毛は皮膚が薄い部位や剛毛ほど痛みを感じやすいと言われています。 全身脱毛では、ワキとVIOがもっとも痛みを感じやすいです。

 

まず、VIOなど皮膚が薄い部位は刺激に弱いので、レーザーや光を照射されたときに熱を帯びた痛みを感じます。
太くて硬い毛が生えている箇所は、レーザーや光が集中するので毛の薄い部位より痛みを伴います。
痛みの感じ方は個人差がありますが、痛みに敏感な方は注意が必要です。

 

汗が増えた、乾燥しやすくなったなど変化を感じることがある

脱毛施術を受けると肌質の変化を感じる場合があります。毛には汗を吸着する働きがあり、脱毛によって無毛状態になると汗がそのまま流れるので、以前より汗の量が増えたと感じます。
レーザーや光照射によって汗の量が増えるということはなく、汗の量は脱毛前と変わっていませんが、汗を吸収する毛がないためワキ汗や服の汗染みが気になるかもしれません。

 

脱毛施術に使われるレーザーや光は熱を帯びており、肌に照射すると肌に熱がこもって乾燥や水分不足を感じることもあります。
とくに医療機関で施術するレーザー脱毛は出力が高いので、照射後は肌が熱くなって軽いやけどのような状態になっています。
サロン脱毛では施術後、アフターフォローとして保湿ケアを行いますが、自分でも常日頃保湿ケアを行っていないと以前より乾燥を感じるようになるかもしれません。

 

大切なのは「信頼できるサロンで脱毛する」こと!

全身脱毛には様々なデメリットがありますが、重要なのは信頼できるサロンを探すことです。

 

価格の安さだけで決めてしまうのではなく、口コミや評判をチェックしたり、無料カウンセリングに行ったりして、そのサロンが自分にあっているかどうかを見極めることをおすすめします。
くれぐれも、詳細をチェックする前に全身脱毛を契約してしまった...なんてことは避けるようにしましょう!

 

契約前のカウンセリングでは、次のことをスタッフに確認しましょう。

 

  • 脱毛できる部位と範囲
  • 脱毛が終了するまでの期間と回数
  • 料金(別料金が発生することはないか、キャンセルや解約時の手数料など)
  • トラブルがあった場合に対応してもらえるかどうか
  • 途中解約や休会したい場合の手続き

 

話を聞いているときは、スタッフの接客が丁寧か、店内が衛生的かなどにも目を向けるとよいでしょう。

 

サロンによっては無料または低価格で脱毛体験できるキャンペーンを行っている場合があります。初めて脱毛する方や痛みに敏感な方は、体験コースを受けてみると実際の施術内容や流れを把握できます。

 

口コミや評判では、施術を受けた人の感想やスタッフの態度、トラブル発生の有無、予約の取りやすさなどを調べて、最終的に脱毛するかどうか判断しましょう。

 

頑張った分だけ綺麗に!全身脱毛のメリット

このように、全身脱毛には、いくつかデメリットもありますが、頑張った分だけメリットもたくさんあります。

 

1.全身のムダ毛の自己処理から解放される

様々な部位のムダ毛処理を自分で行っている場合、サロンで全身脱毛すれば、そんな自己処理の煩わしさから解放されます。
時間的にも余裕が出てきて、今度はこれまであまり気の配れなかった箇所のケアにも手が出せるようになります!

 

2.自己処理ではケアできなかった部分までキレイに

うなじや背中、VIOなど、自分ではなかなか自己処理が難しい場所も脱毛できるため、美意識の高い人は、サロンでの全身脱毛はおすすめです。

 

特に、背中のムダ毛は、自分では見えない部分。背中の開いたワンピースなどを夏に着る人も多いでしょう。髪型やメイクなどでばっちりキメても、服のすきまからムダ毛がのぞいていたらもったいないですよね。

 

また、VIOに関しても、自己処理ではお手入れがなかなか行き届かない部分です。
サロンで全身脱毛しておけば、ふいに、彼とお泊まりデートなどがある際に、あれやこれやと心配になったりすることもありません。

 

3.水着や薄着もOK! 全身がキレイになって自信が持てる

夏は、薄着になって肌を露出する季節。外出先で、気づかないうちに生えていた二の腕のムダ毛にギョッとすることはありませんか?
同じく水着も、海で水着になって初めて気づくムダ毛があったりして、ハラハラした経験がある人も多いはず。
全身脱毛をしておけば、気づかないうちに生えていたムダ毛ともサヨナラできますよ!

 

なんと言っても、全身がツルすべになってキレイになるから、自分に自信もついて、もっと美しくなろう、きれいになろうとモチベーションも上がります。
いろんな洋服にトライできるようになるので、ファッションをより自由に楽しめるようになります。

 

4.美容成分で全身の肌がキレイになる!

カミソリやシェーバーなどで自己処理をしなくなれば、肌は刺激を受けなくなるので、自然とキレイになります。
さらに光脱毛の光は、肌のコラーゲンにはたらきかけるとも言われているので、肌にハリが出てくる場合が多いのです。

 

実は、自己処理の際のカミソリは、肌が黒ずんだり、かゆくなったりトラブルも起こしかねません。
肌をキレイにしたければ、全身脱毛がおすすめです。

 

いかがでしたか?デメリットもある全身脱毛ですが、頑張った分だけメリットもあります。
そんなメリットとデメリットを天秤にかけて、納得のいく選択をしましょう。

 

デメリットも心配なし!脱毛ラボが全身脱毛で選ばれる理由

脱毛ラボは、「できるだけデメリットを感じずに全身脱毛したい」という方に人気があります!他のサロンで全身脱毛をやめてしまったという方や、はじめての方にもおすすめできる、その理由をご紹介します。

 

月額制を採用している

全身脱毛が月々1,980円(税抜)でできる「月額制パック脱毛プラン」をご用意しています。一括でたくさんのお金を支払うのは不安、続けられるか分からない、気軽に試してみたい!という方でも始めやすいのが特徴です。

 

予約が取りやすいので2週間に1回通える

最新の脱毛マシンを導入し、今まで1回につき約120〜150分かかっていた全身脱毛が60〜90分に時間短縮されました。 施術時間が従来の約半分になったことでマシンの施術予約枠が空き、予約が取りやすいです。2週間に1回通うことができ、スピーディーに脱毛を終わらせたいという要望にもお応えできます。

 

技術力が高く、経験豊かなプロが施術を行う

社内研修ではすべてのスタッフが徹底的に知識を身に着け、技術力の高いエステティシャンを養成しています。社内資格の「認定脱毛士」を発行しており、お客様目線で施術を行うスタッフが丁寧にお手入れします。

 

丁寧なカウンセリング

無料カウンセリングではスタッフが肌の状態やホルモンバランスをチェックし、丁寧に接客します。肌やムダ毛の悩みも聞いているので、脱毛に不安を感じている方は気軽にご相談ください。プランやコース内容に納得いただいた場合にのみご契約となり、無理な勧誘は一切ありません。

 

その他不明点や疑問があれば、ぜひ脱毛ラボの無料カウンセリングでお尋ねください!

全身脱毛に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー