メニュー

ボディタッチの落とし穴【漫画】ムダ毛処理失敗談

ムダ毛失敗談「ボディタッチの落とし穴」漫画

彼や友達とのお出かけの時に、自分のチクチクとしたムダ毛にハッと気づくこともありますよね。「シェーバーでムダ毛の自己処理をしたはずなのに何故?」と、お思いの方も多いのではないでしょうか。実はこのチクチクとしたムダ毛の原因は、シェーバーやカミソリなどで「剃る」ことなんです。

 

カミソリで剃ることによって、表面の細い部分の毛がなくなり、毛根に近い部分の太い毛が残ります。
残った太い毛の断面はカミソリで剃られたままの形、つまり、角ばった形になります。

 

この毛が伸びていくことによってチクチクとした固い毛になるんですね。
また、シェーバーやカミソリでのお手入れは、肌荒れや埋没毛にもつながります。
毛抜きでの自己処理も肌にダメージを与えてしまって、シワやたるみの原因になるのでやめましょう。

 

そういった自己処理のトラブルを回避するポイントとして、自己処理のやり方や器具を変えてみるといった方法があります。
例えば、シェーバーなどで毛を剃る時に、肌から少し浮かすようにして産毛を残すよう剃ることで、毛先の柔らかさが保てます。
またヒートカッターを使うと、毛先が角ばることなく自己処理ができますが、お肌へのダメージは大きくなってしまいます。
家庭用の脱毛器や脱毛クリーム、抑毛効果のある石鹸などを使う方法もありますね。

 

サロンやクリニックで専門家に脱毛してもらうのも一つの方法です。 上記で紹介した自己処理とは違い、脱毛サロンでは毛根の細胞に直接アプローチを行います。
ですので、肌へのダメージも少なく、脱毛と抑毛を同時にできるといったメリットがあります。アフターケアのサービスが充実していることも魅力的ですね。
脱毛の様々な方法については、脱毛方法のページで詳しく紹介しているので是非ご覧ください。

店舗検索ボタン

【漫画】ムダ毛処理失敗談に関連する記事

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生バナー