メニュー

脱色剤で肌や毛穴を痛めることも...【漫画】教えて!肌賀ツル美先生

脱色剤漫画

ムダ毛に対するアプローチは様々なものがあります。
代表的なものに、カミソリやシェーバーを使って「毛を剃る方法」や、除毛クリームを使って「毛を溶かす方法」、そして毛抜きやワックスを使って「毛を抜く方法」などがあります。他にもムダ毛に対するアプローチは様々なものが考えられますが、なかでもブリーチ剤でムダ毛を脱色して「目立ちにくくする方法」は珍しいアプローチではないでしょうか?

 

刃を使って毛を剃ったり、ワックスなどを使って毛を抜いたりするわけではなく、毛を目立ちにくくするだけ方法なので、肌を切る心配はありませんし、体の背面など手が届きにくい箇所も比較的簡単に処理することができます。

 

しかし、脱色剤は肌への負担が大きく、かぶれなどの肌トラブルが起こってしまうことも。
顔の産毛やデリケートゾーンのムダ毛を嫌う方は多いですが、そういった部位に用いるのは避けましょう。肌が荒れて、かさつきや赤みが残ってしまうリスクがあります。

 

また、光の当たり具合や見る角度によっては、ムダ毛が反って目立ってしまうことも。
新たに伸びてくる毛色と脱色した部分の毛色が混ざって、見栄えも不自然になってしまいます。
やはり根本からアプローチするためにも、専門店で脱毛をする方法がおすすめです。

 

しっかり脱毛したいならサロン脱毛がおすすめ

サロン脱毛は肌への負担が少なく、背中やVIOなど自己処理がしづらい部位もしっかり脱毛できます。
月額パックなどのプランは月々の負担も少なく、お安い値段で部分脱毛・全身脱毛が可能です。家で行う自己処理と違って、だんだんと処理の手間がなくなるのも嬉しいメリットですよね。

 

脱毛をご検討中の方や脱毛に不安がある方は、脱毛ラボの無料カウンセリングに一度ご相談ください。

 

⇒無料カウンセリングはこちらから!

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生に関連する記事