メニュー

除毛剤のメリット・デメリット【漫画】教えて!肌賀ツル美先生

除毛剤のメリット・デメリット漫画

ドラッグストアなどで買うことができる除毛クリームは、ちょっとした産毛の処理や部分的な自己処理をするのに、とてもお手軽な方法ですよね。
処理の方法も「塗って、こすり落とすだけ」と簡単ですから、除毛クリームを使って自己処理をしているという方も多いのではないでしょうか?
このように、除毛クリームを使った自己処理はお手軽でメリットが多い脱毛方法にみえますが、実は注意しなければならないポイントも沢山あるのです。

 

漫画でも説明されているように、除毛クリームは毛を溶かすことで脱毛を行っています。
除毛クリームは「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分が配合されているものが一般的で、この成分はタンパク質を分解する性質があります。
タンパク質でできている私たちの毛は、この成分によってきれいに溶けるのですが、それと同時にタンパク質でできている肌も溶けてしまうのです。
除毛成分が強ければ強いほど毛もきれいに溶けますが、その分肌への負担も大きくなってしまいます。
実際に除毛クリームを使った方の中にも、肌荒れやかぶれなどが起こり、皮膚科に通うことになったというケースも少なくありません。

 

また、顔やワキ、デリケートゾーンといった皮膚が薄く敏感な部分に使うのも、皮膚疾患につながる可能性があるのでおすすめできません。
除毛クリームは抑毛効果が見込めるわけではないので、その度に処理をしなければならず、結果的に肌への負担と出費がかさんでしまうというデメリットもあります。
ほかにも、全身の脱毛をするためには大量のクリームが必要だったり、微妙に毛が残ってしまうことがあったりと、除毛クリームだけにムダ毛の処理を任せるのはあまりいい方法とはいえないでしょう。

 

脱毛サロンなどで行われている光脱毛は肌への負担も少なく、プロのスタッフが丁寧に施術をしてくれるので、剃り残しや肌トラブルといった心配事も少なく済みます。
脱毛ラボでは一か所単位の施術や、顔やVIOといったデリケートな部分の施術も行っていますので、ぜひ一度お試しください。
脱毛ラボに足を運んだことがない方も、まずは無料のカウンセリングから初めてみましょう。

店舗検索ボタン

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生に関連する記事