メニュー

ワックス脱毛テープのメリット・デメリット【漫画】教えて!肌賀ツル美先生

ワックス脱毛テープのメリット・デメリット漫画

徐々に定番化しているワックスでの脱毛。
スピーディに脱毛ができるし、次に生えてくる毛がチクチクしないという特徴から挑戦してみる人も増えているようです。
ですが、こういったワックスを使った脱毛は、カミソリや毛抜きを使った脱毛よりも更に肌への負担が大きく、肌トラブルにつながりやすい脱毛方法でもあります。

 

ワックス脱毛は毛を処理したい部分にワックスを塗り、その上にシートを貼り付けてから一気にシートを剥がすという手順で脱毛を行いますが、剥がすときには毛並みに逆らって剥がす必要があるので、肌への負担が非常に大きくなります。
その結果、施術の衝撃で肌や毛穴が赤みを帯びてしまったり、毛根付近にある皮膚や毛細血管が傷ついてしまったりするのです。
実際にワックス脱毛を行った方の中で、脱毛後の肌荒れが治らなかったり、埋没毛が増えたことで見栄えが悪くなってしまったりして、悩んでいるという方も多いのではないでしょうか?

 

また、ワックス脱毛を行うためには「のりしろ」となる部分が必要で、あらかじめムダ毛を5mm~1cm程伸ばさなければなりません。
そのため、産毛などの脱毛にはあまり向いていない脱毛方法ですし、そもそも長く毛が生えないという方にも不向きな方法です。
もちろん、施術時には肌への負担とともに、強い痛みがあるのでデリケートゾーンなどの繊細な部分への脱毛は控えた方がいいでしょう。

 

ムダ毛をなくしながら美しい肌を作り上げるためには、やはり脱毛サロンなどでの光脱毛がおすすめです。光脱毛は肌へのダメージも少なく、施術時の痛みもほとんどありません。
脱毛ラボのS.S.C美容脱毛では、美容成分だけでなくダイズイソフラボン成分による抑毛効果も期待できるので、何度も脱毛に通わなければならない煩わしさがありません。
今後の自己処理の手間や肌荒れの不安を考えると、美容と脱毛、そして抑毛が同時にできるのはうれしいメリットですよね。

 

脱毛ラボでは無料のカウンセリングも行っているほか、22時まで営業しております。
お仕事がお忙しい方やサロン脱毛に不安があるという方も気軽に立ち寄ってみてくださいね。

店舗検索ボタン

【漫画】教えて!肌賀ツル美先生に関連する記事